真榊とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 真榊の意味・解説 

ま‐さかき【真×榊/真賢木】

(さかき)。神事に用いる木。


まさかき 【真榊・真賢木・真坂樹】

マは接頭語美称。→

真榊(まさかき)

社殿祭場装飾する用具五色絹(青、黄、赤、白、紫)を垂れ神前向かって右には鏡と玉を掛け、左には剣を掛ける

真榊

読み方:マサカキ(masakaki)

イスノキ別称
マンサク科常緑高木

学名 Distylium racemosum


真榊

読み方:マサカキ(masakaki)

サカキ別称
ツバキ科常緑高木園芸植物

学名 Cleyera japonica


真榊

読み方:マサカキ(masakaki)

サカキ別称

季節

分類 植物


真榊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/28 08:11 UTC 版)

真榊(まさかき)とは、神事の場で祭壇の左右に立てる祭具。緑・黄・赤・白・青の五色絹の(のぼり)の先端に(さかき)を立て、三種の神器を掛けたもの。向かって左側に剣を掛けたもの、右側に勾玉を掛けたものを立てる。全体を真榊台と呼ぶこともある。




  1. ^ 『出雲大社教布教師養成講習会』発行出雲大社教教務本庁平成元年9月全427頁中75頁


「真榊」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「真榊」の関連用語

真榊のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



真榊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
岡山県神社庁岡山県神社庁
since 2020 (C)Okayamaken Jinjacho
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの真榊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS