無酸素性代謝閾値とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 無酸素 > 無酸素性代謝閾値の意味・解説 

無酸素性代謝閾値

読み方むさんそせいたいしゃいきち
別名:無酸素性作業閾値
【英】:anaerobics threshold,AT

運動の強さ増していくとき、筋肉エネルギー消費に必要な酸素供給追いつかなくなり、血液中の乳酸が急激に増加し始める強度の値。

 軽い運動から運動の強さ徐々に増していくとき、有酸素運動から無酸素運動切り替わる転換点となる運動強度レベルのこと。英語ではAnaerobics Threshold: ATといい、日本語では無酸素性作業閾値ともいいます。
 あまり激しくない運動では筋収縮エネルギー産生するときに酸素消費されます(有酸素運動)。一方激し運動では酸素供給追いつかなくなり、筋収縮のためのエネルギー産生解糖系嫌気的代謝)が中心となります(無酸素運動)。解糖系では糖質ピルビン酸代謝されます。ピルビン酸アセチルCoAとなり有酸素運動消費されない場合ピルビン酸乳酸分解されます。このエネルギー発生のしくみを乳酸機構といい、これによって血液中の乳酸濃度上がり始め手前運動強度限界点が、概念的にATととらえられています。
 最近ではより具体的な指標として、乳酸作業閾値Lactate ThresholdLT)、換気性作業閾値Ventilation ThresholdVT)、血中乳酸蓄積開始点(Onset of Blood Lactate Accumulation:OBLA )などを用いるようになってきていますが、これらを総称したものをATと呼んでいる場合あります
 トレーニングを積んだ運動選手などでは、心肺機能強化されて酸素取り入れ能力が高いため、より強い運動でも酸素不足になりにくく、ATが高くなります。




無酸素性代謝閾値と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「無酸素性代謝閾値」の関連用語

無酸素性代謝閾値のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



無酸素性代謝閾値のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
厚生労働省厚生労働省
(C)2020 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット

©2020 Weblio RSS