桃園怜奈とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 桃園怜奈の意味・解説 

桃園怜奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 02:45 UTC 版)

桃園 怜奈(ももぞの れな、1996年7月27日 - )は、日本AV女優[1][2]Mine'S所属。


  1. ^ 桃園怜奈「AV女優解説」大学が身バレ – 比較なう-アダルトサイトを比較解説”. erohika.com. 2020年12月19日閲覧。
  2. ^ 桃園怜奈(ももぞのれな) | AVメーカー【Fitch(フィッチ)】公式サイト”. www.fitch-av.com. 2020年12月19日閲覧。
  3. ^ a b dera01 (2020年9月10日). “【!】伝説の美巨乳女優が待望の復活! エッチ度をさらに増して男根を貪る!「フェラチオにしろ、パイズリにしろ、手コキにしろ、いろんなバージョンを研究しないとあかんと思って、いろんなAV女優さんの作品を研究しています」【前編】” (日本語). デラべっぴんR. 2021年1月2日閲覧。
  4. ^ 伝説の美少女・桃園怜奈がまさかの電撃復帰!【新作AV】予約開始!《Fitch》9月13日発売作品”. FANZAニュース (2020年8月13日). 2021年1月2日閲覧。
  5. ^ 光文社『FLASH』2021年8月17日・24日合併号No.1613 69-76頁「21年上半期の主役は誰だ?読者300人が選んだSEXY女優53人ランキング」
  6. ^ 集英社『週刊プレイボーイ』2021年12月13日No.50 150‐153頁
  7. ^ 集英社『週刊プレイボーイ』2021年12月27日No.52 141頁
  8. ^ 光文社『FLASH』2022年1月4日・11日・18日合併号 No.1629 85‐91頁、順位はFANZA動画・通販販売記録、FALENO、SODprime・視聴回数、FLASH読者アンケートをポイント計算して合算しランキングしたもの。
  9. ^ dera01 (2020年9月11日). “【天然Iカップ・桃園怜奈AV復帰インタビュー!】伝説の美巨乳女優が待望の復活!「復帰作品は私が責めるプレイが多かったので、次は襲われる系や複数プレイをやってみたいです。4年前とは違うエッチさが出ていると思います。自信があるのでぜひ観てください!」【後編】” (日本語). デラべっぴんR. 2021年1月2日閲覧。
  10. ^ dera01 (2021年3月24日). “【マインズ座談会】Fitch専属・桃園怜奈、アイデアポケット専属・栗山莉緒、Ms.SOD専属・吉永このみの座談会!やりたい企画は?「痴女ができるようになりたい」「保育士でデリヘル嬢とか」「私は女捜査官。あの恰好で犯されてみたい」【後編】” (日本語). デラべっぴんR. 2021年3月24日閲覧。
  11. ^ a b ジーオーティー『月刊FANZA』2022年1月号 34頁
  12. ^ 扶桑社『週刊SPA!』2022年1月22日・18日合併号 60頁
  13. ^ 「暑いときこそオススメ!!次世代『汗だくAV女優!!』ベスト10」集英社『週刊プレイボーイ』2021年8月23日号 No.3334 150-153頁
  14. ^ デラべっぴんR (2021年6月7日). “【桃園怜奈ちゃんプレミアムヌードポーズブック発売イベレポート!】天然Iカップ爆乳の魅力全開!桃園怜奈ちゃんの思わず息を飲むセクシャルなポージング写真集が発売!” (日本語). デラべっぴんR. 2021年6月10日閲覧。


「桃園怜奈」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「桃園怜奈」の関連用語

桃園怜奈のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



桃園怜奈のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの桃園怜奈 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS