時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げますとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げますの意味・解説 

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます

読み方:じかますますごせいえいのことをおよろこびもうしあげます
別表記:時下益々御清栄の事とお慶び申し上げます

手紙やビジネスメールや書類送り状表書きなどのような多少かしこまった文書》で用いられる《書き出し挨拶文》。もっぱら拝啓」や「謹啓」などの《挨拶文》に続けて、「拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」という形で用いられる。

「時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」の意味

時下」は「このごろ」「最近」といった「現在(の時期)」を指す語である。
清栄」は「無事」「息災」「繁栄」を意味する語である。
お慶び申し上げます」は手紙文祝賀する定型的表現である。

つまり「時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」は、《相手方繁栄》を言祝ぐ表現である。

時下ますます~」は相手個人法人かを問わず使える。「清栄」の意味するところも「身体の健康」「一族繁栄」「会社成長」など多種多様内容当てはめることができる。

ぶっちゃけ表現言い換えれば次のような趣旨事柄が「時下ますますご清栄~」で言い表せる。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げますのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げますのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS