日影沢上流域床固工とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > その他の施設 > 日本の砂防施設 > 日影沢上流域床固工の意味・解説 

日影沢上流域床固工


日影沢上流域床固工

名称: 日影沢上流域床固工
ふりがな ひかげさわじょうりゅうとこがためこう
登録番号 15 - 0159
員数(数): 1
員数(単位):
構造 石造床固工5基よりなる、延長31m、支川床固工1基付
時代区分 大正
年代 大正後期昭和12増築
代表都道府県 新潟県
所在地 新潟県妙高市大字西野谷
登録基準 国土歴史的景観寄与しているもの
備考(調査):
施工者:
解説文: 万内川右支日影沢の上流域位置する砂防施設。堤長6mから21m,堤高1.5mから3m石造谷積の構造物を,約40勾配斜面に5基配し,支川右岸側から合流する。切石により精緻に築かれた構造物で,急勾配斜面地盤安定効果発揮している。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日影沢上流域床固工」の関連用語

1
12% |||||

日影沢上流域床固工のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



日影沢上流域床固工のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2019 MLIT Japan. All Rights Reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS