於けるとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 連語 > 連語(事柄) > 於けるの意味・解説 

おけ‐る【×於ける】

連語動詞「お(置)く」の已然形完了の助動詞「り」の連体形。「…における」の形で》

作用動作行われる場所・時間を表す。…の中の。…での。…にあっての。「日本に於ける生活」「過去に於ける経験

両者の関係を表す。…についての。…に関しての。…に対する。「古代史に於ける造詣深さ

西行和歌に—、宗祇連歌に—、雪舟の絵に—、利休に—、其(その)貫道する物は一なり」〈笈の小文


おけ‐る【於━】

連語〕 (動詞「おく(置)」に完了の助動詞「り」の連体形の付いたもの。「における」の形で用い多く連体修飾となる)

動作作用行なわれる場所、時間などを示す。…においての。…にあっての。

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石一一セネカ婦女無学を以て世界に於る二大厄とし」

② (「…の…における」の形で用いて両者の関係を示す。…に対する。

世俗諺文鎌倉期点(1250頃)「父母の子に於(ヲケル)や子(こ)の父母に於るなり」

俳諧笈の小文(1690‐91頃)「西行和歌における、宗祇連歌における、〈略〉其貫道する物は一なり」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「於ける」の関連用語

於けるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



於けるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS