女戸主とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 女戸主の意味・解説 

おんな‐こしゅ〔をんな‐〕【女戸主】

読み方:おんなこしゅ

民法旧規定で、女性戸主


にょ‐こしゅ【女戸主】

読み方:にょこしゅ

民法旧規定で、女子戸主


女戸主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 02:11 UTC 版)

女戸主(おんなこしゅ、にょこしゅ)は、日本民法旧規定における用語で、女性の戸主である。




「女戸主」の続きの解説一覧

女戸主

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 14:33 UTC 版)

家制度」の記事における「女戸主」の解説

戸主男性であることが原則であるが、女性であっても家督相続庶子私生児などによる一家創立など、女戸主もあり得た。しかし男戸主に比べいくつかの差異があった。 隠居するには、年齢その他の要件満たしている必要があるが、女戸主の場合は年齢要件を満たす必要がない改正民法755条) (男性の)戸主婚姻して他家に入るには、女戸主の家に婚姻で入る場合婿養子縁組婚姻と妻の親との養子縁組同時に行うこと)に限られたが、女戸主が婚姻するためであれば裁判所許可を得て隠居廃家ができた(改正民法754条) 婚姻により夫が女戸主の家に入る(入夫婚姻)際、当事者反対意思表示が無い限り入夫戸主となった改正民法736条)。ただし1914年大正3年以降の戸籍法では、入夫婚姻届書入夫戸主となる旨記載しなければ、女戸主が継続する扱いであった

※この「女戸主」の解説は、「家制度」の解説の一部です。
「女戸主」を含む「家制度」の記事については、「家制度」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「女戸主」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

女戸主のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



女戸主のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの女戸主 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの家制度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS