奥村五百子とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 奥村五百子の意味・解説 

おくむらいおこ 【奥村五百子】


奥村五百子 おくむら いおこ

奥村五百子の肖像 その1
弘化2年5月3日明治40年2月7日 (1845~1907)

佐賀生まれ社会運動家生家真宗寺院幼時から父兄影響を受け、尊王攘夷運動に加わる。初婚の夫とは死別水戸藩浪士再婚したが、のち離婚した。その後朝鮮渡り光州実業学校設立明治33年(1900)北清事変がおこると皇軍慰問使に加わり、北京天津歴訪34年(1901)将兵慰問遺家族援護目的とする軍事援護団体愛国婦人会結成全国遊説し、会員拡大に努めた。

キーワード その他

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

奥村五百子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/06 02:55 UTC 版)

奥村 五百子(おくむら いおこ、弘化2年5月3日1845年6月7日)-明治40年(1907年2月7日)は、幕末明治期の社会運動家。愛国婦人会の創設者。




  1. ^ [1]「去華就実」と郷土の先覚者たち 第13回 奥村五百子 (上)
  2. ^ [2]「去華就実」と郷土の先覚者たち 第14回 奥村五百子 (下)
  3. ^ 『官報』第7639号、「叙任及辞令」1908年12月11日。


「奥村五百子」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「奥村五百子」の関連用語

奥村五百子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



奥村五百子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2018 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2018 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの奥村五百子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS