乗客定員とは? わかりやすく解説

乗客定員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/11 07:07 UTC 版)

飛鳥II」の記事における「乗客定員」の解説

主要目の通り本船の乗客定員は940名であるが、パンフレットでは872名と謳われている。理由は以下の三点である。 「飛鳥」が満室状態が続いていたとはいえ二倍近く集客をなすことは難しい。(代替投入選択肢としての新造船建造では、750程度定員前提していたらしい日本では馴染みの薄い、海の見えない内側部屋販売していないため。(クリスタル・ハーモニー時代19室の内側キャビン販売されていた) 乗組員雇用追いつかない。「クリスタル・ハーモニー」の乗組員545名)をそのまま雇えばよさそうなものであるが、彼らは欧米向けには一流サービスができても、日本人向けのサービスができるとは限らない逆に飛鳥」の現役乗組員は、〈希望者の〉全員そのまま継続雇用された)。「飛鳥」と同等のサービス維持するための乗組員育成には多少時間を要し一般的に客船において一流サービス提供するには乗客2人に対し乗組員1人以上の割合が必要、とされる郵船クルーズとしても空き部屋遊ばせておくつもりは無く集客順調で且つ乗組員雇用教育進めば早い機会に乗客定員を増やしていきたい旨、明言している(2008年A-styleクルーズでは 850名以上が乗船し、ラ・ベットラ・ダ・オチアイの落合シェフ850人前以上のパスタ1人作った公言している)。

※この「乗客定員」の解説は、「飛鳥II」の解説の一部です。
「乗客定員」を含む「飛鳥II」の記事については、「飛鳥II」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「乗客定員」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

乗客定員のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



乗客定員のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの飛鳥II (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS