ボーン・レガシーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ボーン・レガシーの意味・解説 

ボーン・レガシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/29 01:41 UTC 版)

ボーン・レガシー』(The Bourne Legacy)は、エリック・ヴァン・ラストベーダー英語版による2004年のスパイ小説である。前作『最後の暗殺者英語版』(1990年)より14年ぶりとなるジェイソン・ボーンを主人公としたシリーズの4作目であり、シリーズ創始者のロバート・ラドラムが亡くなったため、本作よりラストベーダーが執筆することになった。ラストベーダーによるシリーズ作品は2012年時点で『The Bourne Imperative』まで7作が発表されている。




「ボーン・レガシー」の続きの解説一覧

ボーン・レガシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 09:46 UTC 版)

詳細は「ボーン・レガシー (映画)を参照 ユニバーサル・ピクチャーズは元々、『ボーン・アルティメイタム』をシリーズ最終作するつもりであったが、2008年10月までに別の映画企画進行させていた。『ボーン・アルティメイタム』の共同脚本ジョージ・ノルフィは、ロバート・ラドラム小説のどれも原作にせず、4作目脚本を書くことになっていた。ノルフィは2009年9月に『アジャストメント』を監督するため、ジョシュア・ゼトゥマーが8月までに脚本家として雇われた。2009年11月マット・デイモンは、脚本承認されておらず自分撮影2011年中頃開始されることを望む述べた翌月デイモンポール・グリーングラス抜きで新たなボーン』には参加しない発言したグリーングラス11月下旬監督復帰しないと決めた表明していた)。2010年1月デイモンは「私たちがそれをやるとしてもあと5年後になると思われその前に別の俳優別の監督による前日譚があるだろう」と発言したしかしながら2010年6月トニー・ギルロイ2012年公開目指して脚本書いていると報じられた。10月29日ユニバーサルは『ザ・ボーン・レガシー』の公開日2012年8月3日発表した2010年10月11日ボーンが『ザ・ボーン・レガシー』に登場しない報じられた。ギルロイによると、『レガシー』はリブート前日譚の類ではなくシリーズ同一世界ボーンのようなキャラクター活躍するスピンオフのような作品になると言う。また、ギルロイデイモングリーングラス今後復帰するのを除外していないと述べた2011年2月24日、『レガシーの候俳優明らとなったリストには、ジェイク・ジレンホールトビー・マグワイアジョシュ・ハートネットギャレット・ヘドランドミヒャエル・ファスベンダーアレックス・ペティファーポール・ダノテイラー・キッチュケラン・ラッツベンジャミン・ウォーカーオスカー・アイザックルーク・エヴァンズマイケル・ピットクリス・エヴァンスドミニク・クーパージョエル・エドガートン含まれていた。3月24日スタジオはエドガートン、クーパーヘドランド、L・エヴァンズスクリーンテストをしていた。2011年4月2日、『ラティーノ・レビュー』は、ジェレミー・レナー主演になる可能性がある報じた結果的に小説『ボーン・レガシー』をベースとした内容ではなくジェイソン・ボーン登場しない新しカノン基づいたリブートの類ではなくこれまでのシリーズスピンオフのような形となり、ボーン作ったトレッドストーン作戦類似の作戦によって生み出された新キャラクター、アーロン・クロスの物語として描かれた。

※この「ボーン・レガシー」の解説は、「ボーンシリーズ」の解説の一部です。» 「ボーンシリーズ」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ボーン・レガシー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ボーン・レガシーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ボーン・レガシーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのボーン・レガシー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのボーンシリーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS