ドリル・ステム・テストとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ドリル > ドリル・ステム・テストの意味・解説 

ドリル・ステム・テスト

読み方どりる すてむ てすと
【英】: drill stem test
略語: DST

井戸ケーシングセットする前に、その地層潜在的生産能力確かめるために行われる地層試験(フォーメ-ション・テスティング、formation testing )の一方法で、ドリル・ステム(ドリル・ストリング)を通じて行う方法なので、この名称がついている。このテストにもいろいろな方法があるが、代表的方法次にべる。DST 装置には、一つパッカー地上でドリル・ステムを操作することによって開閉可能な複数個のバルブ、または穴、そして圧力測定記録装置などが含まれている。この装置はドリル・ステムの下に付けられて、パッカー位置テスト対象の上セットされるように、下部にアンカー・パイプ、テール・パイプを付け坑底まで下げられる。このパッカー対象層を上部地層流体坑内泥水から隔離する役目持っている。テール・パイプが坑底についた後、徐々に重み加えていくと、パッカーがたたまれて横に広がりテスト層と他の地層とを遮断する。さらに重量加えると、パッカーの上に付いているテスター内部バルブ開き地層内の流体アンカー中に入ってくる。地層流体ガスであれば地表でその量を計ることができるし、油でも地層圧力が高くて量が多ければ短時間計量でき、その地層産出能力判定できる(図参照)。A の部分テスター、B はパッカーで、C には圧力記録計が示されている。(1) 空のドリル・パイプ装置付けて降入。このときバイパス・バルブは開いている(2) パッカーセットしてテスト層を分離(3) プロダクション・バルブ開放地層流体ドリル・パイプ内に侵入(4) テスト終了。プロダクション・バルブ閉じる。(5) バイパス・バルブ開放(6) パッカー外し装置引き上げる。油の量が少なかったり、地層圧力が低い場合には、地表まで出てくるのに時間がかかり過ぎたり、出てこない場合もある。しかし、ドリル・ステムを少し回転させると、バルブは閉じて、バルブの上部には地層から流入した液体がドリル・ステムの中に残るから、地上採取することができる。 圧力記録解析することによってテスト正しく行われかどうか判断できるし、その地層産出能力算出できる。この DST試掘井でよく行われるが、地層安定したところで行うべきである。

図73 ドリルステム・テスティングの原理

ドリルステムテスト Drill Stem Test

  ドリルストリング用い裸坑あるいはケーシング内で行なう地層試験をいう。地層流体確認産出能力把握地層圧力・温度測定に関する調査目的として行なわれる坑内機器としてパッカー、ダウンホールバルブ、坑井圧力測定器等がドリルストリング接続され実施される。この他、地表にはセパレーターバーナーからなる簡易生産施設設置産出流体の処理を行なう
ドリルステムテスト
分野 坑井仕上
同義語  
関連用語  
類似語  
略語  
ドリルステムテスト



ドリル・ステム・テストと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドリル・ステム・テスト」の関連用語

ドリル・ステム・テストのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ドリル・ステム・テストのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2021 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
石油技術協会石油技術協会
Copyright © 2021, 石油技術協会 作井技術委員会 作井マニュアル分科会

©2021 GRAS Group, Inc.RSS