ソ連カラマツとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 外材一覧 > ソ連カラマツの意味・解説 

ソ連カラマツ


ソ連シベリアサハリン沿海州千島などに分布しています。北海道小規模ながら造林試みられたことがあります日本輸入されてくるソ連カラマツは、天然生で、年輪の幅が非常にせまく、人工造林日本カラマツ見馴れた眼でみると、同類木材とはみえない位です。冬、シベリア空を飛ぶと、下界何時までも続くように広がっている茶色のものが白銀中にみえますがこれがソ連カラマツでしょう

木材
心材の色は日本カラマツとは違って、やや、黄色を帯びた褐色なので、両者違いがわかります。辺材淡黄白色です。気乾比重は0.52~0.68(平均値)~0.91で、人工造林日本カラマツより比重は高く、重硬です。また保存性は中庸です。軸方向細胞間道樹脂道)があり、製品の材面に“やに”が滲み出てきます。また、日本カラマツ比較して、やに壷、入皮、もめなどの欠点多く出てきます。(これらの欠点生育環境厳しいために発生するのでしょう。)これらの欠点のためか、あるいは、年輪幅が端にせまいことが多いためか、木材脆くなっていて、使用中破損する例を聞きます。カラマツを用いる地域では、その代替としてよく用いられます。人工造林カラマツ比較すると、比重が高いにもかかわらず狂い少ないとされており、その点が好まれて用いられるのでしょう。しかし、上述たような種々の欠点があり、利用上で短所となっています。

用途
建築土台仮設土木など材面の美しさを必要としない用途が主です。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ソ連カラマツ」の関連用語

ソ連カラマツのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ソ連カラマツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2019 All Rights Reserved, Copyright

©2019 Weblio RSS