ソーシャル・ビジネスとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ソーシャル・ビジネスの意味・解説 

ソーシャル・ビジネス

別名:社会的企業
英語:Social business

利益追求するのではなく社会的貢献第一目的として営まれる企業活動

一般的に従来企業は、最大限利益追求することを目的として活動している。ソーシャルビジネスは環境問題国際的貧困問題といった社会的問題解決社会貢献第一目的とし、そのため費用回収するために利益上げるものである

ソーシャルビジネスのため立ち上げられたベンチャー企業は、特にソーシャルベンチャーなどと呼ばれるまた、ソーシャルビジネスを立ち上げ起業家ソーシャルアントレプレナー呼ばれるいずれも知識労働者ナレッジワーカー)による社会貢献活動を指す「プロボノと共に2011年2月現在、注目集めつつある。

グラミン銀行創始者で、ノーベル平和賞受賞者のムハマド・ユヌスも、ソーシャルビジネスのあり方提唱している。

ソーシャル・ビジネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/17 14:17 UTC 版)

ソーシャル・ビジネス英語: Social business)とは、ノーベル平和賞受賞者で経済学者のムハマド・ユヌス博士が、著書『貧困のない世界を創る―ソーシャル・ ビジネスと新しい資本主義―』で定義した、哲学的に、私利(Selfishness)と無私(Selflessness)という、2つの基本的なモチベーションの区別に基づいている。 一般的な会社では金銭的な利潤を第一に追求するが、ソーシャル・ビジネスの会社では利他の心を持って、金銭よりも社会的な利益を追求する[1]


  1. ^ ユヌス・ソーシャル・ビジネスとは - ユヌス&椎木 ソーシャル・ビジネス 研究センター グラミンクリエイティブラボ@九州大学
  2. ^ 滝川クリステルxムハマド・ユヌス - WEB GOETHE, 日経新聞社


「ソーシャル・ビジネス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ソーシャル・ビジネス」の関連用語

ソーシャル・ビジネスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ソーシャル・ビジネスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソーシャル・ビジネス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS