知識労働者とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 知識労働者の意味・解説 

知識労働者

読み方:ちしきろうどうしゃ
別名:ナレッジ・ワーカー

高度に専門化された知識持ち肉体労働ではなく知識情報によって企業社会貢献する労働者。ピーター・ドラッガーによって提唱された。

ドラッガー主著一つである『断絶時代』において、「知識経済」(Knowledge economy)という概念提唱した。知識経済知識基盤となっている経済あるいは経済活動を意味するが、知識労働者は知識経済において経済支え主体である。

知識労働者は、労度に見合う報酬として、賃金よりもむしろ社会的認知貢献重んじる、とドラッガー指摘している。2010年頃から、仕事で養ったスキル専門知識活用してNPO非営利法人)などにボランティア従事する「プロボノ」が日本でも注目され始めてきたが、プロボノにおいても知識の提供と社会貢献意義主な動機やりがいとされている。

ちなみに社会貢献社会変革を志して起業という手段を取るものをソーシャルベンチャーという。ソーシャルベンチャープロボノと共に注目されている

知識経済

(知識労働者 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/07 09:54 UTC 版)

知識経済(ちしきけいざい、: knowledge economy)は、知識生産と管理に焦点を合わせた知識の経済活動か、知識を基盤とした経済のどちらかに使われる言葉である。二番目の意味として(むしろこちらの方がよく使われていた)経済的利益を生み出すために、知識の使用を参照する語句である。ピーター・ドラッカーによってこの用語が生み出され、著書『断絶の時代』(The Age of Discontinuity)の12章の見出しで使われ、一般に広まった。[1] また、知識経済を支える労働者を知識労働者と呼ぶ。


  1. ^ ピーター・ドラッカー, (1969). 断絶の時代; 社会変化に向けてのガイドライン. Harper & Row, ニューヨーク. ISBN 1-56000618-8


「知識経済」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「知識労働者」の関連用語

知識労働者のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



知識労働者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの知識経済 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS