クロス集計とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > クロス > クロス集計の意味・解説 

クロス‐しゅうけい〔‐シフケイ〕【クロス集計】

読み方:くろすしゅうけい

ある与えられデータ集計するとき、異な属性基準分類し個別集計すること。たとえば、ある商品売上高顧客年齢層性別分けて集計することなどを指す。→単純集計


クロス集計

小売店業種別の売上高とか、店主年齢別売上高というように、調査データ資料何らかの基準別に集計すること。調査データ集計では、まず単純集計といって全体合計出した上で、ある質問での回答別の質問での回答がどう結びついているかをみるための、性別年齢別など属性別クロス集計などによってより詳細情報読みとってゆくことが多い。集計結果クロス表(分割表)で表現される分割表をつくる目的は、2つ属性間の関係を知るためであるが、これらの2つ属性相互に独立でないとき、それらの属性連関をもつという。

クロス集計

読み方クロスしゅうけい
【英】Cross tabulation

クロス集計とは、与えられデータの中から複数個の項目を抽出してデータ分析集計を行う手法のことである。

クロス集計を利用すると、複数の項目を掛け合わせて集計することにより、収集したデータさまざまな角度から分析でき、項目相互の関係を明らかにできる。

クロス集計は、表計算ソフトデータベースソフト主要な機能1つで、例えば「男性」、「20代」、「既婚」という項目を掛け合わせて集計できるため、年代性別など回答者基本属性違いによるニーズや行様式差異分析するのに向いている。

クロス集計で使用される項目は、2~3個程度の項目である場合が多い。より多くの項目を使用する場合は、多重クロス集計と呼ばれることも多い。4重クロス、5重クロスなどと個数示される場合もある。

なお、Microsoft Office Excelでは、クロス集計の機能が「ピボットテーブル」という名称で搭載されている。


参照リンク
Office Excel 2003 データ入力/集計テクニック ピボット テーブルって何? どうやってつくるの? - (マイクロソフト
オフィスソフトのほかの用語一覧
表計算ソフト:  罫線  ゴールシーク  くし刺し演算  クロス集計  文字書式  文字列  Pocket Excel

「クロス集計」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



クロス集計と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クロス集計」の関連用語

クロス集計のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クロス集計のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2024by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリクロス集計の記事を利用しております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS