クジラのサルモネラ症菌とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 菌類 > > クジラのサルモネラ症菌の意味・解説 

クジラのサルモネラ症菌 [Salmonella enteritidis]

 サルモネラヒト食中毒細菌としてきわめて重要であるが、水生哺乳類サルモネラ感染症原因として知られているのはこのサルモネラ・エンテリティジスのみである。この細菌瀕死(ひんし)状態のクジラの肉を食べたヒト食中毒おこしたことがある。おもにウシブタなどの肉、ニワトリアヒルシチメンチョウなどの肉や卵からヒトへの感染が多いが、ときにはイヌハエゴキブリネズミミドリガメからもヒト感染する。とくにサルモネラ汚染の危険があるペット用のミドリガメ輸入禁止されている。その症状一般に嘔吐下痢腹痛発熱頭痛など腸チフスに似ており、ときには死亡することもある。
サルモネラグラム陰性通性嫌気性菌で、細胞周囲多数鞭毛をもって運動する桿菌(0.7-1.5×2.0-5.0μm)である。なお、このサルモネラ古くは"ゲルトネル"とよばれ、かつてはわが国でのおもなサルモネラ食中毒原因はこの細菌占めていたが、1965年以降、ネズミチフス(Sal.typhimurium)が多いといわれている。



クジラのサルモネラ症菌と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

クジラのサルモネラ症菌のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



クジラのサルモネラ症菌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2019 Fumiaki Taguchi

©2019 Weblio RSS