ほうりつとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ほうりつの意味・解説 

ほう‐りつ【法律】

ハフ‐)

社会秩序維持するために強制される規範。法。

国会議決経て制定される法の一形式

ホフ‐)

仏陀教え定めたきまり。

㋑仏が制定した戒律小乗戒大乗戒などをいう。


ほう‐りつ【法律】

〔名〕

[一] (ハフ:)

① 法と律。国法刑律のっとるべき規律。のり。おきて。〔音訓新聞字引(1876)〕 〔荘子徐無鬼〕

統治者制定または認定した規則社会生活維持のために強制力をもつ社会生活規範

続日本紀和銅二年(709)一〇月丙申禁制畿内近江国百姓、不法律

国会議決経て制定される成文法の一形式国会議員または内閣により提案され、両議院可決ののち公布される。憲法次いで命令規制優先する効力をもつ。

西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「人為の身とは〈略〉人智を以て法律を設け此法律に従て進退するものを云ふ」

④ ③を研究する学問法学法律学

風俗画報‐二四四号(1902)慶応義塾「先づ文学、法律、理財三科教授し」

[二] (ホフ:) 仏語

① (「法」は仏陀の説いた真理。「律」は仏陀制定した生活規定仏教成立させる二つのもの。すなわち仏陀教え定めたきまり。

今昔1120頃か)一「願くは我、仏の法律を受け出家せむと思ふ

② 仏が制定した戒律小乗戒大乗戒などをいう。

正法眼蔵123153出家初心入道、法律未諳」


Χ(ほうりつ)

国会制定される立法形式

議会制民主主義採用する日本では、唯一の立法機関である国会法律作る。そこで成立した法律は、官報により公布され、全国一律適用される法的紛争発生した場合は、司法の場ある裁判所に判断求め問題解決を図ることになる。

現在、司法制度改革審議会中心に法律の中で使われる表現分かりやすいものに変えていくことが議論されている。独特の言い回し古めかしい用語が、日常感覚との間でギャップを生み、法律とっつきにくいものにしていると考えられているからである。

例えば、六法一つとして数えられている商法民法中にはカタカナを使った文語体が含まれており、一般の人には理解しにくいという原因となっている。戦後になって制定された法律は、すべて、ひらがなを使った口語体であるが、それ以前にできたものは全面改正をしない限りカタカナのままである

刑法場合は、1995年全面改正され、それまで文語体表現がすべて口語体置き換わった。そのとき同時に憲法違反判断された尊属殺人規定削除している。

確かに一般的な基準定めるという意味では、正確さ・厳密性を保たなければならないが、身近な日常生活に及ぶ事柄については、専門家助けなしで理解したいものである

(2000.10.19更新


法律 (ほうりつ)

 国会定めるもの。国民権利義務にかかわる一切法規たる定めは、憲法に基づき、法律によって定められることとされている。法律は原則として衆参両院議決経て制定される。

法律

読み方:ほうりつ

  1. 弁護士。〔第二類 人物風俗
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ほうりつ」の関連用語

ほうりつのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ほうりつのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2021 時事用語のABC All Rights Reserved.
環境省環境省
Copyright © 2021 Kankyosho All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS