ちくさ雁皮紙とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 雁皮紙 > ちくさ雁皮紙の意味・解説 

ちくさ雁皮紙(ちくさがんぴし)

所在地 兵庫県宍粟市千種町    
主製品 ちくさ雁皮紙・かな料紙文化財補修紙銅版画用紙
ちくさ雁皮紙 かつては兵庫県西播磨地区も盛んな和紙産地であり、兵庫県穴粟郡は、思草(しそう)杉原産地とされ『新撰紙鑑(しんせんかみかがみ)』には「杉原此所より初め漉出すを云ふあり。江戸表一束一本献上物なり」とあり、杉原紙中でも高級品一つとされ、詩文を書く料紙として調整したと伝えられています。

思草宍粟杉原も、昭和 20年代末頃から伝統絶えていましたが、昭和58年3月神戸市立有馬中学校卒業当時15歳)と同時に名塩和紙の門を叩き5年修業した後、倉敷備中和紙でさらに修業重ね吉留新一が、平成4年4月国産ガンピ使い和紙製造始め、「ちくさ雁皮紙」と名づけました。

千種川は「水の郷」と国土庁から指定され、日本百選名水一つ数えられています。

その源流美し良質原料、そして若い活力によって生まれ半透明美し和紙を、他産地にはない独特の最高の和紙とし、紙人生まだ三分の一ではありますが、これから全てを、この地を「和紙の郷」として歴史に刻むべく日々和紙製造しています。

工房では毎年1月3月県内自生する雁皮を自ら収穫し、原料徹底的にこだわり、、昔ながらの手漉きの手法による一つ一つ工程を、手を抜くことなく心身こめて骨身惜しまず積み重ねていくことで、光沢のある半透明美し和紙を全製品天日干しにてつくりだしています。
ちくさ雁皮紙
ちくさ雁皮紙 ちくさ雁皮紙
ちくさ雁皮紙 ちくさ雁皮紙
ちくさ雁皮紙
雁皮紙で作った花(非売品




ちくさ雁皮紙と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ちくさ雁皮紙のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ちくさ雁皮紙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
全国手すき和紙連合会全国手すき和紙連合会
Copyright 2021 全国手すき和紙連合会 All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS