いきしょうちゅうとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > > 焼酎 > いきしょうちゅうの意味・解説 

壱岐焼酎(いきしょうちゅう)

代表的ムギ焼酎壱岐ムギ焼酎発祥の地であり、現在でも長崎県焼酎の主産地である。藩政時代壱岐平戸(ひらど)藩に属し、コメのほとんどは年貢取り立てられたため、ムギを用いるに至ったのがその由来とされる昭和五九年現在、焼酎専業者は五、清酒との兼業者は二で、約2,000klを生産し(島内消費約700kl)、各地出荷されている。白麹菌しろこうじきん)でコメ麹をつくり、二次原料としてムギ加え標準的な仕込法による。蒸留はほとんどが常圧蒸留であり、小規模工場ではごく最近まで木製蒸留機を使っていた例もある。また、錫(すず)製の冷却コイルやかめ仕込みはまだ稼動中であるなど、伝統をよく守り伝えている。したがって品質原料個性のよく出た重厚なものが多い。飲み方はほとんどがお湯割りで、玄海灘げんかいなだ)の景勝を眺(なが)めながら、新鮮豊富な海産物料理を楽しむことができる。蒸留廃液は島に飼育される12,000頭あまりの和牛飼料あるいは田畑肥料として余すところなく利用されている。昭和五九年、島内七社焼酎メーカーのうち6社が合併して協業組合創立した。伝統生きてきた壱岐焼酎も、発展同時に変動時期迎えようとしている。



いきしょうちゅうと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「いきしょうちゅう」の関連用語

1
38% |||||

いきしょうちゅうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



いきしょうちゅうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2019.

©2019 Weblio RSS