きびしょうちゅうとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > > 焼酎 > きびしょうちゅうの意味・解説 

黍焼酎(きびしょうちゅう)

キビを主原料に用いた焼酎コメ麹(こうじ)で一次醪(もろみ)を仕込み二次原料キビ使用する。キビにはウルチキビとモチキビ(主に菓子用)があり、サトウキビトウキビとうもろこし)とは違う。吉備(きび)地方岡山県南部)に多く安政初年から吉備団子で有名。『万葉集』にはキビ酒の歌があるが、焼酎に使われたのは沖縄伊良部・多良部の島島。しかし、王朝時代コメアワにとってかわりその後は使われていない昭和五〇年ごろ焼酎ブーム初期熊本で再びつくられ始めたが、最近では本場岡山でもつくられている。



きびしょうちゅうと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

きびしょうちゅうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



きびしょうちゅうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2019.

©2019 Weblio RSS