IEEE802委員会とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > ネットワーク用語 > IEEE802委員会の意味・解説 

IEEE802委員会

IEEE 802委員会は、イーサネットなどのLANLocal Area Network構内通信網)の標準化目的として1980年2月802委員会由来)に設立された標準化組織。IEEE 802委員会は、IEEE (Institute of Electrical and Electronics Engineers米国電気電子技術学会)のコンピューター分科会(Computer Society)の配下位置づけられる組織
その後、IEEE 802委員会は、LANよりもより広いエリアカバーする都市規模向けのネットワーク(MANMetropolitan Area Network都市域網)の標準も行うようになったため、正式名称を「IEEE Project 802 LAN/MAN Standards Committee」(略称:LMSC)と改め今日いたっている。
いろいろなワーキンググループ(WG)が設立されたが、現在活動している主なWGは、次の通り
 (1) 802.1WG :LAN上位層プロトコル(ブリッジVLANセキュリティなど)
 (2) 802.3WG :イーサネットCSMA/CD
 (3) 802.11WG:無線LANWLAN
 (4) 802.15WG:パーソナル・エリア無線ネットワーク(WPAN)
 (5) 802.16WG:ブロードバンド無線アクセスBWA)《WiMAX
 (6) 802.17WG:リング型転送方式RPRResilient Packet Ring
 (7) 802.20WG:モバイル・ブロードバンド無線アクセスMBWA
 (8) 802.21WG:メディアハンドオーバー方式(MIH)
 (9) 802.22WG:地域無線ネットワーク(WRAN)

関連用語:


LMSC

フルスペル:LAN/MAN Standards Committee
読み方エルエムエスシー
別名:IEEE 802委員会

LMSCとは、米国電気電子技術会議IEEE)の中に設置されている標準化組織のうち、特にLANLocal Area Networks)やMANMetropolitan Area Network)における技術仕様標準化を行っている組織のことである。1980年2月設立された。

LMSCは、設立された日付にちなんだ「802」の名称で、LAN関連した一連の規格策定している。LMSCが標準化を行った仕様中でもEthernetIEEE 802.3無線LANIEEE 802.11)、ブロードバンド無線MANIEEE 802.16に関する規格などが広く採用されれている。LMSCは米国組織であるが参加者世界中から集っており、またLMSCで策定された規格多く国際規格として認定されている。


参照リンク
LMSC, LAN/MAN Standards Committee
IEEE PROJECT 802 LAN MAN STANDARDS COMMITTEE (LMSC) POLICIES AND PROCEDURES - (PDF形式
接続インターフェースのほかの用語一覧
IEEE:  LEAP  LACP  LLC  LMSC  LLC2  mLAN  モバイルWiMAX

IEEE 802

(IEEE802委員会 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/29 05:42 UTC 版)

IEEE 802 とは、IEEE標準規格のうち、ローカル・エリア・ネットワークなどの規格を定めたものである。1980年2月に活動が開始されたことにより、802委員会と呼ばれるようになった。






「IEEE 802」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「IEEE802委員会」の関連用語

IEEE802委員会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Opera

TOUCH WOOD

Windows 98

EQUIUM

らくらくスマートフォン F-12D

Wind NetBook U100 Vogue

Xperia Z2 Tablet SO-05F

NetWalker





IEEE802委員会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2017 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリLMSCの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのIEEE 802 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS