筆界とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 法律関連用語 > 筆界の意味・解説 

筆界(ひっかい)

住環境関わる用語

ある土地登記されたときに、その土地範囲区画するものとして公法定められた線のこと。境界登記法上の呼び方。


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

筆界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/08 18:46 UTC 版)

筆界(ひっかい、ひつかい、ふでかい)とは、不動産登記の手続きにより決定された一筆の土地の範囲を示す界のことであり、「公法上の境界」ともいわれる。最初に地番が付されたときや分筆合筆されたときに固定され、土地所有者間で決めたり変えたりすることは出来ない。また、土地の一部に時効取得が生じても筆界は何ら変わることはない。そのため、地積の変更の登記や地図に表示されている筆界を変えることは原則認められない。




「筆界」の続きの解説一覧

筆界

出典:『Wiktionary』 (2008/02/28 08:18 UTC 版)

名詞

(ひっかい, ひつかい, ふでかい)

  1. 土地登記された時に、その土地範囲区画するための法的定められた線のこと。境界を「土地所有権境目」という意味用いる場合境界と筆界は一致しない事がある

語源

関連語





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「筆界」の関連用語

筆界のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




筆界のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2014 Houterasu All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの筆界 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの筆界 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2014 Weblio RSS