焼入れとは?

Weblio 辞書 > 工学 > カム用語 > 焼入れの意味・解説 

やき いれ [0] 【焼(き)入れ】

金属の熱処理操作の一。金属高温加熱したのち急冷して組織変えること。これによって鋼を硬化させることができる。鋼の場合のほか,ジュラルミンなどに対しても行う。

やきいれ 焼入れ hardening, quenching

熱処理一種高温加熱した金属材料急冷して硬化させる操作。主に鋼またはジュラルミンの固さを高めるために行う。焼き入れ温度は鋼は750800

焼入れ

quenching
鉄鋼製品静止空気中よりもより迅速に冷却することからなる操作
備考冷却条件規定する用語の使用推奨される。例えば、衝風冷却水焼入れ階段焼入れなど。

焼入れ

quenching
合金成分一部又は全部を固溶させるために、高温から十分な速さで被処理材を冷媒(固溶、液体又は気体)と接触させて冷却させる熱処理

焼入れ

焼入れは熱処理一種で、高温熱した鋼を又は油中で急冷することを指す。
  鋼は炭素を含んだであるが、その組織高温になるとオーステナイト呼ばれる面心立方状の組織変態し、これを急冷するとマルテンサイト呼ばれる笹の葉状の組織となる。マルテンサイト組織の鋼は非常に硬く、かつもろくなるので、焼入れは刃物など高硬度の鋼を得るために行われる代表的熱処理である。
  鋼の場合マルテンサイト組織のままでは実用上もろすぎるため、再度200度~600程度加熱し、焼戻しを行う。これによりマルテンサイト組織粘りを持つソルバイト組織変態する。従って通常焼入れと焼戻しセット行われる
  鋼の表面のみを焼入れし硬化させる方法として高周波焼入れinduction hardening)がある。これは、鋼材表面沿って置いたコイル高周波電流流し鋼材表面誘導電流発生させ、この抵抗熱で表面付近を急速に熱し選択的に焼入れする方法である。
  高周波焼入れではより表面硬さが高くできる上、残留圧縮応力が生じて疲労強度が増すといった長所がある。
  浸炭焼入れcarburizing and quenching)もまた鋼の表面硬化法の一種である。低炭素鋼浸炭剤中で900以上に加熱すると、炭素拡散して鋼表面層の炭素含有量多くなる。これを焼入れすると浸炭層が硬化して耐摩耗性優れた表面となる。このとき、鋼内部低炭素鋼のままであるから、靭性に富み、かつ硬度の高い製品が得られる。
  このため浸炭焼入れシャフト歯車といった小物機械部品自動車部品から、大型部品まで広く応用されている。
  これら焼入れは高温での熱処理であるため、大気中の酸素反応して酸化し、表面酸化膜を生成する。これを嫌って各種不活性ガス中で焼入れを行うのが雰囲気焼入れである。

高周波焼入れ

適している分野・使用事例

焼入れ=刃物工具など硬度求め製品合金工具鋼ハイス)。高周波焼入れ大型製品への焼入れ。浸炭焼入れ機械部品自動車部品

用語解説

炭素含有量が0.03〜1.7%の鉄-炭素合金性質改善するためニッケルマンガンなどを含む鋼は特殊鋼という。
変態
温度上昇または下降させた場合などに、ある結晶構造から他の結晶構造変化する現象磁気変態のように必ずしも結晶構造変化伴わないものもある。
疲労強度
疲れ強さ金属繰り返し荷重により生じる応力降伏点よりかなり小さ場合でも疲労によって破壊することがしばしばある。
靭性
じん性粘り強さ衝撃破壊起こしにくいかどうか程度
※本用語集は、索引元の東大阪市製造業支援サイト「東大阪市技術交流プラザ」において、平成16年度委託事業で構築したコンテンツです。

焼入れ・焼戻し

一般に知られている焼入れ処理のこと。
焼入れをすることにより、硬度強度)が上げることが出来るため、 切削しやすく、熱処理後は高強度という部品を製作することが可能になります。

焼入れのみの部品硬いだけで衝撃的荷重に弱いという弱点をもっています。
この衝撃対す弱さ改善するため、比較的低い温度再度熱処理をすること により衝撃対す強さ持たせます。
但し、焼き戻しを行うと多少硬度低下してしまいます。

焼入れ(Q)

Quenching)鋼を硬化し、または、強さ増加するため、ある温度加熱した後、適当な触媒中(ガス,油,等)で急速に冷却する操作を言う。
硬く強度が非常に大きくなるが、脆いため、通常は必ず焼戻し行なう

焼入れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/11 06:13 UTC 版)

焼入れ(やきいれ、英語: quenching)とは、金属を所定の高温状態から急冷させる熱処理である[1]焼き入れとも表記する[2]


注釈

  1. ^ 加工品全体が焼入れ温度に達してから冷却するまでの時間を保持時間と呼ぶ場合もある[41]
  2. ^ a b TTT図は、ある温度まで非常に急冷させた後に一定温度に保持し、変態の開始、進行割合、終了の時間とその一定温度の関係を示したもの[50]。CCT図は、一定速度で冷却させて、変態の開始、進行割合、終了の時間と温度の関係を示したもの[50]。実際の冷却はある速度を持っているので、CCT図の方が実際に近い[51]。ただし、等温焼入れを行う場合は、TTT図が条件設定に利用される[52]。また、連続冷却の場合でも実際の冷却は一定速度にはならないので、CCT図も実際の冷却とは異なっている[52]。このように、TTT図もCCT図も、実際の現象と離れた点を含む注意点がある。
  3. ^ 冷却方法ではなく、高周波焼入れのような表面焼入れなどと区別して普通焼入れとも呼ぶ
  4. ^ あるいは、ソルバイト組織を得る焼入焼戻しに限って調質と呼ぶ場合もある[78][80]
  5. ^ 日本刀の特徴である刀身の反りは、この焼曲りによるものである[148]

出典

  1. ^ a b c d e JIS B 6905 1995, p. 3.
  2. ^ やきいれ【焼(き)入れ】の意味 デジタル大辞泉”. goo辞書. NTTレゾナント. 2014年10月4日閲覧。
  3. ^ a b 日本機械学会(編) 2007, p. 1307.
  4. ^ 山方 2010, p. 96.
  5. ^ 不二越熱処理研究会 2001, p. 36.
  6. ^ オンライン学術用語集検索ページ”. 学術用語集. 文部科学省・国立情報学研究所. 2014年9月21日閲覧。
  7. ^ 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 54.
  8. ^ a b 日本機械学会(編) 2007, p. 592.
  9. ^ 日本機械学会(編) 2007, p. 746.
  10. ^ 不二越熱処理研究会 2001, p. 11.
  11. ^ 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 61.
  12. ^ a b 山方 2010, p. 56.
  13. ^ a b 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 73.
  14. ^ a b 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 83.
  15. ^ 山方 2010, pp. 56–57.
  16. ^ 朝倉・橋本 2002, pp. 179–180.
  17. ^ 朝倉・橋本 2002, p. 178.
  18. ^ 山方 2010, pp. 60–62.
  19. ^ 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 74.
  20. ^ 山方 2010, p. 60.
  21. ^ a b 坂本 2007, p. 60.
  22. ^ 山方 2010, p. 62.
  23. ^ a b 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 125.
  24. ^ 松山晋作 『今昔メタリカ 金属技術の歴史と科学』 工業調査会、2010年8月25日、初版、100頁。ISBN 978-4-7693-2207-8
  25. ^ チェルノフとは”. コトバンク. 朝日新聞社、VOYAGE GROUP. 2014年9月12日閲覧。
  26. ^ 大和久 2006, pp. 31–34.
  27. ^ 高級冷間ダイス鋼 SLD 5.熱処理要領 (pdf)”. 日立金属. p. 16. 2014年10月14日閲覧。
  28. ^ 坂本 2007, p. 38.
  29. ^ 藤木 2013, p. 148.
  30. ^ 山方 2010, pp. 96–97.
  31. ^ 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 121.
  32. ^ a b c 不二越熱処理研究会 2001, p. 46.
  33. ^ 大和久 2006, p. 153.
  34. ^ 大和久 2006, p. 208.
  35. ^ 大和久 2006, p. 200.
  36. ^ a b 大和久 2008, p. 44.
  37. ^ a b c 朝倉・橋本 2002, p. 185.
  38. ^ a b 坂本 2007, p. 20.
  39. ^ 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 78.
  40. ^ a b 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 119.
  41. ^ 大和久 2008, p. 35.
  42. ^ a b 不二越熱処理研究会 2001, p. 57.
  43. ^ a b c d 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 126.
  44. ^ a b c 不二越熱処理研究会 2001, p. 56.
  45. ^ 大和久 2008, p. 268.
  46. ^ 大和久 2008, p. 36.
  47. ^ a b c d e f g h i j k 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 127.
  48. ^ 朝倉・橋本 2002, p. 181.
  49. ^ a b 不二越熱処理研究会 2001, p. 45.
  50. ^ a b 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 71.
  51. ^ 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 72.
  52. ^ a b 大和久 2008, p. 290.
  53. ^ a b c 不二越熱処理研究会 2001, p. 73.
  54. ^ a b 朝倉・橋本 2002, p. 182.
  55. ^ a b c 大和久 2008, p. 45.
  56. ^ a b c 大和久 2006, p. 44.
  57. ^ a b c d 不二越熱処理研究会 2001, p. 75.
  58. ^ a b c d e f g h i 朝倉・橋本 2002, p. 186.
  59. ^ a b c 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 131.
  60. ^ a b 不二越熱処理研究会 2001, p. 44.
  61. ^ 第一鋼業の熱処理解説:焼入れ性”. 第一鋼業. 2014年8月24日閲覧。
  62. ^ a b 山方 2010, pp. 100–101.
  63. ^ a b c 藤木 2013, p. 70.
  64. ^ a b 大和久 2008, p. 79.
  65. ^ 大和久 2008, p. 81.
  66. ^ 不二越熱処理研究会 2001, p. 62.
  67. ^ a b 不二越熱処理研究会 2001, p. 63.
  68. ^ a b c d 不二越熱処理研究会 2001, p. 38.
  69. ^ 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 81.
  70. ^ a b 平川ほか 2004, p. 90.
  71. ^ 坂本 2007, p. 21.
  72. ^ 大和久 2008, p. 42.
  73. ^ a b c 坂本 2007, p. 65.
  74. ^ a b 朝倉・橋本 2002, p. 187.
  75. ^ 日本熱処理技術協会(編) 2013, pp. 133–134.
  76. ^ 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 80.
  77. ^ 大和久 2008, p. 289.
  78. ^ a b c 山方 2010, p. 102.
  79. ^ a b JIS B 6905 1995, p. 5.
  80. ^ 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 133.
  81. ^ 不二越熱処理研究会 2001, p. 122.
  82. ^ a b 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 181.
  83. ^ 大和久 2006, p. 98.
  84. ^ a b 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 130.
  85. ^ 大和久 2008, p. 103.
  86. ^ 大和久 2008, p. 110.
  87. ^ 大和久 2008, p. 120.
  88. ^ 不二越熱処理研究会 2001, pp. 82–83.
  89. ^ 大和久 2006, p. 83.
  90. ^ 不二越熱処理研究会 2001, p. 123.
  91. ^ 大和久 2008, pp. 132, 134.
  92. ^ 大和久 2008, p. 135.
  93. ^ a b c d e 坂本 2007, p. 74.
  94. ^ 山方 2010, pp. 98–99.
  95. ^ JIS G 0201 2000, p. 10.
  96. ^ a b 大和久 2008, p. 50.
  97. ^ a b 不二越熱処理研究会 2001, p. 52.
  98. ^ a b 山方 2010, p. 98.
  99. ^ 山方 2010, pp. 99.
  100. ^ a b c 不二越熱処理研究会 2001, p. 58.
  101. ^ a b 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 129.
  102. ^ 大和久 2008, pp. 48, 245.
  103. ^ a b c d 大和久 2008, p. 48.
  104. ^ a b 不二越熱処理研究会 2001, p. 59.
  105. ^ 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 100.
  106. ^ 三木田嘉男・中林一朗「水溶性ポリマー焼入れ液によるS55Cの焼入れ残留応力分布」 (pdf) 、『日本機械学會論文集. A編』第53巻第487号、1987年3月25日、 475-482頁、 ISSN 03875008NAID 110002377212
  107. ^ a b c d 大和久 2008, p. 49.
  108. ^ ソルトバス熱処理設備の概要”. 第一鋼業. 2014年8月11日閲覧。
  109. ^ a b c d 不二越熱処理研究会 2001, p. 61.
  110. ^ ソルト焼入れ”. 金属熱処理ソリューション. 2014年8月11日閲覧。
  111. ^ 品質・コスト・環境面で期待される 真空熱処理技術”. 日刊工業新聞社. 2014年8月11日閲覧。
  112. ^ 不二越熱処理研究会 2001, p. 60.
  113. ^ 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 214.
  114. ^ 坂本 2009, p. 71.
  115. ^ a b c d e f g h 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 128.
  116. ^ a b 大和久 2008, p. 287.
  117. ^ a b JIS B 6905 1995, p. 4.
  118. ^ a b c 不二越熱処理研究会 2001, p. 74.
  119. ^ 坂本 2009, p. 69.
  120. ^ 坂本 2009, p. 70.
  121. ^ 平川ほか 2004, p. 97.
  122. ^ 平川ほか 2004, p. 96.
  123. ^ 大和久 2008, p. 46.
  124. ^ a b c 朝倉・橋本 2002, p. 188.
  125. ^ 平川ほか 2004, p. 98.
  126. ^ 不二越熱処理研究会 2001, p. 214.
  127. ^ a b 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 146.
  128. ^ 大和久 2008, p. 57.
  129. ^ a b c d e f JIS G 0201 2000, p. 14.
  130. ^ a b c 坂本 2007, p. 97.
  131. ^ a b 不二越熱処理研究会 2001, p. 66.
  132. ^ 坂本 2007, p. 98.
  133. ^ 不二越熱処理研究会 2001, pp. 67–69.
  134. ^ a b c 山方 2010, p. 192.
  135. ^ 藤木 2013, p. 129.
  136. ^ 不二越熱処理研究会 2001, p. 72.
  137. ^ a b 藤木 2013, p. 128.
  138. ^ 不二越熱処理研究会 2001, p. 82.
  139. ^ a b c d 山方 2010, pp. 189.
  140. ^ a b 不二越熱処理研究会 2001, p. 84.
  141. ^ a b c 山方 2010, pp. 198–199.
  142. ^ a b 大和久 2008, p. 144.
  143. ^ 山方 2010, pp. 198.
  144. ^ 山方 2010, pp. 186.
  145. ^ 大和久 2008, p. 248.
  146. ^ a b 藤木 2013, p. 130.
  147. ^ a b 大和久 2006, p. 69.
  148. ^ 大和久 2008, p. 249.
  149. ^ 不二越熱処理研究会 2001, p. 65.
  150. ^ 不二越熱処理研究会 2001, p. 64.
  151. ^ 大和久 2006, p. 87.
  152. ^ a b 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 178.
  153. ^ 山方 2010, pp. 194.
  154. ^ a b c d e f g 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 179.
  155. ^ a b 大和久 2008, p. 142.
  156. ^ a b 藤木 2013, p. 150.
  157. ^ 大和久 2008, p. 143.
  158. ^ 山方 2010, pp. 22–23.
  159. ^ a b c 山方 2010, p. 30.
  160. ^ a b c 朝倉・橋本 2002, p. 9.
  161. ^ 平川ほか 2004, p. 111.
  162. ^ 山方 2010, pp. 34–35.
  163. ^ 不二越熱処理研究会 2001, p. 34.
  164. ^ a b 日本熱処理技術協会(編) 2013, p. 204.
  165. ^ 日本機械学会(編) 2007, p. 394.
  166. ^ 山方 2010, pp. 32.
  167. ^ a b 不二越熱処理研究会 2001, p. 35.
  168. ^ 藤木 2013, p. 35.
  169. ^ a b 鈴木克美. “鋳鉄の熱処理(第2回)”. 誰でも分かる鋳物基礎講座. 日本鋳造工学会関東支部. 2014年8月24日閲覧。
  170. ^ 大和久 2008, p. 29.
  171. ^ 日本工業標準調査会(編)、1995、『JIS G 5503 オーステンパ球状黒鉛鋳鉄品』
  172. ^ 鈴木克美. “鋳鉄の熱処理(第8回)”. 誰でも分かる鋳物基礎講座. 日本鋳造工学会関東支部. 2014年8月24日閲覧。
  173. ^ 山方 2010, p. 168.
  174. ^ 藤木 2013, p. 64.
  175. ^ 山方 2010, pp. 12–13.
  176. ^ 山方 2010, pp. 34–37.
  177. ^ 統計 加工種別 焼入焼戻し”. 日本金属熱処理工業会. 2014年8月24日閲覧。
  178. ^ 焼き刃・焼刃とは”. コトバンク. 朝日新聞社、VOYAGE GROUP. 2014年8月9日閲覧。
  179. ^ 刃とは”. コトバンク. 朝日新聞社、VOYAGE GROUP. 2014年8月9日閲覧。
  180. ^ 『焼きを入れる(やきをいれる)』の意味”. 日本語俗語辞書. ルックバイス. 2014年8月9日閲覧。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

焼入れに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「焼入れ」の関連用語

焼入れのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シルク印刷

スロッター加工

押出

平面研削

オフセット印刷

内面研削

放電加工

物理蒸着





焼入れのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
三共製作所三共製作所
Copyright(C) 1998-2017, Sankyo Seisakusho co. All rights reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2017 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
吉崎メッキ化工所吉崎メッキ化工所
Copyright (C) 2017 (株)吉崎メッキ化工所. All rights reserved.
東大阪市技術交流プラザ東大阪市技術交流プラザ
Copyright (C) 2017 TECH PLAZA
材料屋.com材料屋.com
Copyright(c) 2004-2017 (有)イーマテリアル
丸ヱム製作所丸ヱム製作所
© 1998-2017 Maruemu Works Co,. Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの焼入れ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS