正規化とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 正規化の意味・解説 

正規化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

正規化

読み方せいきか
別名:ノーマライズカノニカライズ
【英】normalize, canonicalize, canonicalization

正規化とは、データ冗長性をなくしたり、混在している等価表現をある統一形式整形したりすることによって、同じ形式データ扱えるようにすることである。英語の「normalize」と「canonicalize」(canonicalization両方訳語として正規化という表現が用いられており、リレーショナルデータベースRDB)やオーディオファイルテキストファイルなど、様々な分野で正規化が行われている。

リレーショナルデータベースにおける正規化とは、リレーション一定の形式準拠させることによってデータ構築することである。正規化を行うことによって、データ冗長性を省き、メンテナンス性を高めることができる。リレーショナルデータベースでは正規化の種類程度によって分けられた第一正規形第二正規形第三正規形第五正規形形式が知られている。

オーディオ分野における正規化とは、オーディオファイル音量一定レベル補正することを指す。様々な音源から得た音量異なオーディオファイルを、同じ音量レベル統一したり、あるいは音質劣化させることなく音量レベル最大化したりすることができる。

また、unicodeXMLといったテキストファイルにおける正規化は、使用許容されている表記のゆれをある一定の表記統一することを指す。特にXMLでは、電子署名などで暗号化を行う際に表記ゆれ一例として、要素属性順番などのゆれ)によって異な内容変換されてしまい、照会失敗する可能性がある。そのためXMLでは「Canonical XML」と呼ばれる統一的記法が策定され、W3Cによって勧告されている。


参照リンク
Canonical XML - (英文
データベースのほかの用語一覧
リレーショナルデータベース:  レコード  リレーショナルデータベース  参照整合性  正規化  主キー  第一正規形  第三正規形

正規化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/10 17:26 UTC 版)

正規化(せいきか、: normalization)とは、データ等々を一定のルール(規則)に基づいて変形し、利用しやすくすること。別の言い方をするならば、正規形でないものを正規形(比較・演算などの操作のために望ましい性質を持った一定の形)に変形することをいう。多くの場合、規格化と訳しても同義である。非常に多くの分野で使われている言葉で、分野によって意味も大きく異なるため、頻度が高い分野についてそれぞれ個別に説明する。




「正規化」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

正規化に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「正規化」の関連用語

正規化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

GALAXY S 4

ネットブック

Nokia X2

Windows 2000

Universal Mobile Keyboard

MEDIAS X N-04E

Galaxy Active neo

アナログRGB端子





正規化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ正規化の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの正規化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS