暴走とは?

ぼう そう [0] 【暴走】

( 名 ) スル
規則無視して乱暴に走ること。
運転する人がいなかったり,運転する人意に反して乗り物ひとりでに走り出すこと。 「無人電車が-する」
野球で,アウトになるような無謀走塁をすること。
周囲状況他人思惑考えずに自分勝手物事をおし進めること。
機械装置制御できない実行状態になること。


暴走

読み方ぼうそう
【英】crash

暴走とは、利用中のアプリケーションコンピュータ制御不能の状態になることである。

システムが暴走すると、入力ていない操作勝手に行ったり、標示が普通でなくなったりする。一旦暴走し始める操作不可能になるので、システム終了して再起動させるしかない比較軽度の暴走であれば、[Ctrl]+[Alt]+[Delete]などの操作アプリケーション強制終了させれば回復することがある。もっと深刻になると、コンピュータ電源スイッチ切って通電停止してから、再度コンピュータ起動なくてはならなくなる。

暴走が発生する原因としては、ソフトウェア誤動作や、ソフトウェア想定ていない操作が行われたことによるバグなどがある。なお、Mac OSでは、アプリケーションの暴走によりシステム修復不能になったことが検出されると、爆弾マーク表示してユーザー対処求め機能がある。

暴走と同様の事態を指す言葉に「ハングアップ」や「クラッシュ」といった表現がある。ハングアップは処理を進めることができなくなってしまった停止状態を指すのに対してクラッシュ修理中のデータ機器破損して処理が停止することを指す。クラッシュした場合ハードディスクごと欠損した可能性もある。


参照リンク
Windowsがハングアップした時の対処方法 (PC Tips)
アプリケーションがハングアップした時の対処方法 (PC Tips)

暴走

作者豊田有恒

収載図書悪魔の城
出版社講談社
刊行年月1986.10
シリーズ名講談社文庫


暴走

作者立川洋三

収載図書立川洋三短篇集 朝焼け
出版社近代文芸社
刊行年月1999.2


暴走

作者ジュリー・オリンジャー

収載図書溺れる人魚たち
出版社ランダムハウス講談社
刊行年月2006.5

収載図書溺れる人魚たち
出版社ランダムハウス講談社
刊行年月2008.7
シリーズ名ランダムハウス講談社文庫


暴走

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/05 20:03 UTC 版)

暴走(ぼうそう)は、常軌や規則を無視して乱暴に走行することを指す。


  1. ^ 暴走 - コトバンク
  2. ^ 各記事の出典に示されている報道の見出しを参照。


「暴走」の続きの解説一覧





品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「暴走」の関連用語

暴走のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

レーザーマウス

Surface RT

GALAXY J SC-02F

MuVo

Xperia Z1 f SO-02F

Windows 95

dtab

Amazon限定SIM





暴走のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ暴走の記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの暴走 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS