合成清酒とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > > 清酒 > 合成清酒の意味・解説 

合成清酒(ごうせいせいしゅ)

酒税法では、合成清酒とは、アルコール焼酎ブドウ糖、米、麦などを原料として製造した酒類で、清酒似ているものと定め使用できる米の重量アルコール分20度に換算した場合重量の5/100超えないこととしている。

合成清酒(ごうせいせいしゅ)

アルコール焼酎清酒ブドウ糖などを原料としてつくった酒。理研酒ともいう。一般的にブドウ糖水飴乳酸コハク酸アミノ酸などを焼酎甲類に溶かした後、清酒香味液を混和ろ過火入れ殺菌して製品とする。「人間主食であるコメを使わずに清酒をつくる」という発想の下に、大正一〇年、理化学研究所開発され、当時コメ不足ともあいまって昭和初期から三三年代初めまでその生産量を急激に伸ばした。

合成清酒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/29 04:28 UTC 版)

合成清酒(ごうせいせいしゅ)とは、アルコール糖類有機酸アミノ酸などを加えて、清酒のような風味にしたアルコール飲料(いわゆるお酒)である。現在は風味付けのために、醸造された日本酒の成分も数%混入されている場合が多い。




[ヘルプ]
  1. ^ お酒の分類と製造過程 - アサヒビール
  2. ^ 酒類の表示に関する説明事項(合成清酒) 国税庁ウェブサイト
  3. ^ 合成清酒 | お酒の事典 月桂冠ウェブサイト


「合成清酒」の続きの解説一覧





合成清酒と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「合成清酒」の関連用語

合成清酒のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ハシボソガラス

FOMA N905iμ

ウレタン

ヴァレンチニット

貝の口組

ジターリング

第五しょうどしま丸

オフセットいんさつ





合成清酒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2016 Japan Sake Brewers Association
本格焼酎と泡盛本格焼酎と泡盛
Copyright (C) 日本酒造組合中央会 2016.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの合成清酒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS