動作周波数とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 周波数 > 動作周波数の意味・解説 

動作周波数

別名:クロック周波数
【英】clock frequency

動作周波数とは、クロック呼ばれる回路が処理の歩調をあわせるために用いる信号が、1秒間に何回発生するかを示す値のことである。動作周波数のことを単にクロックと呼ぶ場合もある。

動作周波数の単位Hzで、1秒間にクロック1000個あれば動作周波数は1kHzとなり、このとき1クロック1000分の1秒間で発生したことになる。動作周波数の値が高ければ、それだけ多くの処理が同一時間内にこなせるということであり、つまりは理性能が高いということになる。このとき、CPUの動作周波数を特に内部クロック呼び周辺回路の動作周波数を外部クロック、バスクロック、システムクロックなどと呼ぶこともある。

電子回路のほかの用語一覧
電子回路・電子部品:  電子回路  チャタリング  チョッパーアンプ  動作周波数  トランジスタ  突入電流  導波管





動作周波数と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「動作周波数」の関連用語

動作周波数のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

iD

LaVie

Microsoft Arc Mouse

900i

Xperia A4 SO-04G

Galaxy Tab S2

らくらくホン7

Microsoft Expression Encoder





動作周波数のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ動作周波数の記事を利用しております。

©2017 Weblio RSS