上野のお山の時の鐘とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 日本の音風景100選 > 上野のお山の時の鐘の意味・解説 

上野のお山の時の鐘

東京都台東区

●よく聞ける時期
毎日朝夕6時と正午

●よく聞けるところ
上野公園

寄りみち
弁天堂中心に広がる不忍池は、四季折々楽しめる水辺散歩道下町風俗文化を残した下町風俗資料館もある。帰りには活気あふれるアメ横買い物でも。

上野のお山の時の鐘 時の鐘は、芭蕉の句”花の雲 鐘は上野浅草か”のモデルになったといわれている。時計のなかった江戸時代の人たちは、鐘の音時刻を知った。当時江戸市中には「時の鐘」が9カ所あり、時報として、2時間ごとに時を告げていた。

 浅草寺にも鐘は残っているが、芭蕉が耳にしたのも、上野の山の「時の鐘」の音と伝えられている。

 この「時の鐘」は寛永寺に属し、上野公園精養軒近く高台にある。初代の鐘は寛文六年(1666)につくられたが、現存するのは天明七年(1787)に鋳直されたもの。今でも朝夕6時と、正午の3回、昔ながら音色を響かせ、多くの人の心を和ませている。

アクセス

電車JR地下鉄上野駅京成電鉄上野駅から徒歩5分。

問合わせ先
台東区環境保全課・東京都台東区東上野−5−603・5246・1281





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「上野のお山の時の鐘」の関連用語

上野のお山の時の鐘のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

松の勧進の法螺貝

千頭川の渓流とトロッコ

塩嶺の小鳥のさえずり

上野のお山の時の鐘

広瀬川のカジカガエルと野鳥

満濃池のゆるぬきとせせらぎ

三宝寺池の鳥と水と樹々の音

阿波踊り





上野のお山の時の鐘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2017 Kankyosho All rights reserved.

©2017 Weblio RSS