三宝寺池の鳥と水と樹々の音とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 日本の音風景100選 > 三宝寺池の鳥と水と樹々の音の意味・解説 

三宝寺池の鳥と水と樹々の音

東京都練馬区

●よく聞ける時期
1年中いつでも

●よく聞けるところ
公園全域

寄りみち
石神井公園から大泉学園駅方面に歩いて10分のところにあるのが、牧野記念庭園植物学者牧野富太郎住居跡として一般公開している。約340種の草木類がある。

 武蔵野風趣に富み、史跡伝説豊かな都立石神井公園一帯ボート遊びなどで賑わう石神井池を過ぎ、井草通りをわたると、緑がいちだんと濃くなる。

 三宝寺池古くから湧水池として知られ、水生植物宝庫だったところ。寒冷地植物のミツガシワ湿生特有のカキツバタハンゲショウコウホネなどがわずかに残り、国の天然記念物指定されている。練馬区区民から公募して選定した「静けさ10選」の場所でもある。

 浮き島眺めながら池をひとめぐり々を飛び交う小鳥さえずり水鳥が泳ぐサンクチュアリになっている風に揺れる々のざわめきが、静けさをいっそう感じさせてくれる。三宝寺池の鳥と水と樹々の音

アクセス

電車バス西武池袋線石神井公園駅から徒歩10分。または西武新宿線上井草駅から長久保行きバス15分、三宝寺池下車
マイカー富士街道から井草通り入り南へ。または新青梅街道から井草通り入り北へ。駐車場石神井池東端に。

問合わせ先
練馬区環境保全課・東京都練馬区豊玉北6−12−103・3993・1111



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三宝寺池の鳥と水と樹々の音」の関連用語

三宝寺池の鳥と水と樹々の音のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



三宝寺池の鳥と水と樹々の音のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2019 Kankyosho All rights reserved.

©2019 Weblio RSS