アパルトヘイトとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > アパルトヘイトの意味・解説 

アパルトヘイト [5]アフリカーンス apartheid】


アパルトヘイト

アパルトヘイトという用語が初め登場したのは、第二次世界大戦後1948年行われ南ア最初総選挙のときでした。この総選挙勝利を収めたのが、アパルトヘイトを掲げた国民党でした。国民党1914年結成され、キリスト教民族主義、すなわちナチス同様の国家社会主義を掲げるようになります。政権を握った国民党は、以後、「すべての人種分離発展する固有の権利を持つ」という名目のもと、行政立法労働、生活のあらゆる分野本格的人種隔離政策導入し、超長期政権として南ア支配することとなります。
アパルトヘイトを支え法律350以上にも及び、そのうち、特に基本となる4つの法律根幹法、それ以外の法律関連法と呼びます。
大アパルトヘイト
居住空間政治関わる大規模分離政策
1936年 原住民土地
全土87%にあたる土地白人独占する
1949年 雑婚禁止法 異人種間の結婚禁止
1950年 背徳法 異人種性行為禁止
人口登録法 人種登録の義務づけ
集団地域法 人種別居住指定
共産主義弾圧共産党非合法
1953年 バンツー教育法 人種ごとに異な教育 システム定め

小アパルトヘイト
たとえば列車バス公共施設などにおいて白人用と黒人用を厳然区別する(もちろんよりハイクラスなのは白人用)といった、日常生活で目につきやすい差別18世紀オランダ植民地時代からすで見られたが、国民党支配の下、法制化された。
1953年 分離施設留保法 諸施設設置利用に関する人種分離

アパルトヘイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/19 15:13 UTC 版)

アパルトヘイトApartheid[1])は、アフリカーンス語で分離、隔離の意味を持つ言葉。特に南アフリカ共和国における白人と非白人(黒人インドパキスタンマレーシアなどからのアジア系住民や、カラードとよばれる混血民)の諸関係を規定する人種隔離政策のことを指す。




  1. ^ アフリカーンス語およびオランダ語の発音。ドイツ語では「アパルトハイト」と呼ばれる。
  2. ^ 勝俣誠「現代アフリカ入門」第1刷、1991年11月20日(岩波書店)p173-174
  3. ^ レナード・トンプソン著、宮本 正興・峯 陽一・吉国 恒雄訳、1995、『南アフリカの歴史』p296、明石書店 ISBN 4750306991
  4. ^ レナード・トンプソン著、宮本 正興・峯 陽一・吉国 恒雄訳、1995、『南アフリカの歴史』p299、明石書店 ISBN 4750306991
  5. ^ レナード・トンプソン著、宮本 正興・峯 陽一・吉国 恒雄訳、1995、『南アフリカの歴史』p299、明石書店 ISBN 4750306991
  6. ^ 人種」は、皮膚の色、爪の甘皮、虹彩の色、染色体、髪の毛のちぢれ方などによって決められた
  7. ^ レナード・トンプソン著、宮本 正興・峯 陽一・吉国 恒雄訳、1995、『南アフリカの歴史』p329、明石書店 ISBN 4750306991
  8. ^ ただし、外交や治安についての実権はない。
  9. ^ レナード・トンプソン著、宮本 正興・峯 陽一・吉国 恒雄訳、1995、『南アフリカの歴史』p342、明石書店 ISBN 4750306991
  10. ^ ただしその発達は、黒人に対する搾取によるものであった。
  11. ^ 日本人などは名誉白人などとよばれ、白人居住区に居住した。
  12. ^ レナード・トンプソン著、宮本 正興・峯 陽一・吉国 恒雄訳、1995、『南アフリカの歴史』p344-345、明石書店 ISBN 4750306991
  13. ^ 伊藤正孝『南ア共和国の内幕 増補改訂版』中公新書、1992年、p27。ただし、白人専用のホテル・レストランなどの使用が認められたに過ぎず、永住権や不動産取得などは認められなかった。また、日本人が白人と性交渉をおこなった場合は背徳法が適用された。(同書p27・p59)
  14. ^ 峯陽一「南アフリカ 虹の国への歩み」第1刷、1996年11月20日(岩波書店)p225-226
  15. ^ 吉田一郎「国マニア」、2010年(ちくま文庫)p247
  16. ^ 峯陽一「南アフリカ 虹の国への歩み」第1刷、1996年11月20日(岩波書店)p135
  17. ^ 峯陽一編著、2010年4月25日初版第1刷、『南アフリカを知るための60章』p40-41、明石書店
  18. ^ 峯陽一編著、2010年4月25日初版第1刷、『南アフリカを知るための60章』p40-41、明石書店
  19. ^ 国土の13%にすぎない辺境不毛の地に設けられた
  20. ^ 白人の何倍もいる多数派である
  21. ^ 経済的には白人に依存せざるを得ない
  22. ^ 峯陽一「南アフリカ 虹の国への歩み」第1刷、1996年11月20日(岩波書店)p21-22
  23. ^ 「週刊朝日百科世界の地理109 南アフリカ共和国・レソト・スワジランド」朝日新聞社 昭和60年11月24日 p11-231
  24. ^ 勝俣誠「現代アフリカ入門」第1刷、1991年11月20日(岩波書店)p173
  25. ^ レナード・トンプソン著、宮本 正興・峯 陽一・吉国 恒雄訳、1995、『南アフリカの歴史』p331、明石書店 ISBN 4750306991
  26. ^ レナード・トンプソン著、宮本 正興・峯 陽一・吉国 恒雄訳、1995、『南アフリカの歴史』p330、明石書店 ISBN 4750306991
  27. ^ レナード・トンプソン著、宮本 正興・峯 陽一・吉国 恒雄訳、1995、『南アフリカの歴史』p360-361、明石書店 ISBN 4750306991
  28. ^ スティグリッツ教授の経済教室 p-100
  29. ^ 平野克己、2009、『南アフリカの衝撃』p128-129、日本経済新聞出版社(日経プレミアシリーズ) ISBN 4532260647
  30. ^ レナード・トンプソン著、宮本 正興・峯 陽一・吉国 恒雄訳、1995、『南アフリカの歴史』p373-374、明石書店 ISBN 4750306991
  31. ^ フランスやイギリスなどは非公式ながら兵器を輸出していたが、非難決議はされなかった
  32. ^ レナード・トンプソン著、宮本 正興・峯 陽一・吉国 恒雄訳、1995、『南アフリカの歴史』p462、明石書店 ISBN 4750306991
  33. ^ 国際刑事裁判所ローマ規程 - [第2部 管轄権、受理許容性及び適用される法] 第7条 人道に対する罪”. 2007年8月20日閲覧。「人道に対する犯罪」とは、文民たる住民に対する攻撃であって、次のいずれかの行為をいう。(a)殺人(b)絶滅させる行為(c)奴隷化。(d)住民の追放又は強制移送(e)国際法の基本的な規則に違反する拘禁その他の身体的な自由の著しいはく奪(f)拷問(g)強姦、性的な奴隷、強制売春、強いられた妊娠状態の継続、強制断種その他あらゆる形態の性的暴力。(h)政治的、人種的、国民的、民族的、文化的又は宗教的な理由、性に係る理由その他国際法の下で許容されないことが普遍的に認められている理由に基づく特定の集団又は共同体に対する迫害。(j)人の強制失踪(j)アパルトヘイト犯罪。その他の同様の性質を有する非人道的な行為であって、身体又は心身の健康に対して故意に重い苦痛を与え、又は重大な傷害を加えるもの
  34. ^ スティグリッツ教授の経済教室 p-101
  35. ^ 峯陽一「南アフリカ 虹の国への歩み」第1刷、1996年11月20日(岩波書店)p225
  36. ^ 日本政府の対応については、以下の外務省の答弁を参照。参議院会議録情報 第112回国会 決算委員会 第6号






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アパルトヘイトに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アパルトヘイト」の関連用語

アパルトヘイトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




アパルトヘイトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2014 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2014 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアパルトヘイト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS