鎌田薫 論文

鎌田薫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/20 00:43 UTC 版)

論文

  • 「シンポジウム動産・債権譲渡公示制度の整備に向けて」金融法研究21号 (2005年)
  • 「不動産法セミナー(1)~(34)」(共著)ジュリスト1289 - 1371号 (2005年 - 2009年)
  • 「『二重譲渡』の法的構成」『民法の争点』(2007年)
  • 「法曹養成制度改革の現状と課題」司法研修所論集117号 (2008年)
  • 「物権変動論とその法構造」(共著)『現代民法学と実務(上)』(2008年)
  • 「民法(債権法)改正検討委員会の審議を終えて」(共著)NBL903号 (2009年)
  • 「当然対抗制度と民法理論」日本工業所有権法学会年報35号 (2012年)
  • 「民法がつなげる実務と理論-中間試案の特徴と審議の内容を踏まえて」(共著)NBL1000号 (2013年)
  • 「Higher Education in the Age of Globalization: Japan and France」(共著) Japanese Journal of European Studies, vol.2, 2014

受賞学術賞

称号

所属学会

  • 日本私法学会(理事、2003年-2005年、国内)
  • 日本土地法学会(理事、1981年-、国内)
  • 金融法学会(理事、1996年-、国内)
  • 日仏法学会(理事、1999年-、国内)
  • 日本比較法学会(国内)
  • 日本法社会学会
  • 日本工業所有権法学会(国内)
  • (社)日本都市計画学会(理事、1992年-1996年、国内)
  • 日本公証法学会(国内)

早慶合同ゼミ

早稲田大学法学部の鎌田ゼミでは慶應義塾大学法学部池田真朗研究会と1986年から2013年まで毎年、合同ゼミを行っていた[7][8]


  1. ^ 役員改選による役員の交代について
  2. ^ 設立時役員等候補の選任について
  3. ^ 法務・検察行政刷新会議委員等名簿
  4. ^ 高麗大、早稲田大総長に名誉法学博士学位を授与”. 中央日報 (2012年2月25日). 2021年6月15日閲覧。
  5. ^ 鎌田薫総長がフランス政府よりレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエを受章”. 2020年2月18日閲覧。
  6. ^ 早稲田大学の鎌田薫総長がレジオン・ドヌール勲章を受章”. 駐日フランス大使館 (2019年1月17日). 2021年6月15日閲覧。
  7. ^ 池田真朗「『早慶合同ゼミナール』の終了にあたって」有斐閣
  8. ^ 法学教室1991年2月号、1992年3月号、1993年4月号、1994年4月号、1995年4月号、1996年5月号、1997年4月号、1998年3月号、1999年4月号、2000年4月号、2001年3月号、2002年3月号、2003年4月号、2004年3月号、2005年5月号、2006年4月号、2007年3月号、2008年3月号、2009年5月号、2010年3月号、2011年4月号、2012年4月号、2013年4月号、 2014年4月号


「鎌田薫」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

鎌田薫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鎌田薫のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鎌田薫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS