無慚 無慚の概要

無慚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/30 06:16 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

はじらいのないこと[1]。なお、 慚とは、法灯明として自分の出世間たる仏の教えに照らして恥じる心のこと。

説一切有部五位七十五法のうち、大不善地法の一つ[1]。唯識派の『大乗百法明門論』によれば随煩悩位に分類され、そのうち中随煩悩である。

五位七十五法の大善地法「慚」の逆の心作用[2]

脚注

出典

参考文献





無慚と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「無慚」の関連用語

無慚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



無慚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無慚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS