横浜深谷連続殺人事件とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 横浜深谷連続殺人事件の意味・解説 

横浜深谷連続殺人事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 16:59 UTC 版)

横浜深谷連続殺人事件(よこはまふかやれんぞくさつじんじけん)とは2008年平成20年)、2009年(平成21年)に横浜市深谷市で起きた殺人事件である。埼玉県裁判員裁判で、初めて死刑求刑され[1]、また初めて死刑判決が出された[2][3]


  1. ^ a b c 「裁判員裁判 県内初の死刑求刑=埼玉」、読売新聞東京朝刊、2011年7月7日、33頁。
  2. ^ 「死刑判決「難しい判断」2人殺害 裁判員裁判 県内初=埼玉」、読売新聞東京朝刊、2012年2月25日、33頁。
  3. ^ 「裁判員裁判:おじら2人殺害、県内初死刑 「悩みながら生きていく」判断の心境語る/埼玉」、毎日新聞埼玉版、2012年2月25日、25頁。
  4. ^ 「埼玉・深谷の男性殺害:保険金狙い、横浜の女性殺害 容疑で2被告再逮捕--埼玉県警」、毎日新聞東京朝刊、2011年11月5日、27頁。
  5. ^ a b 「裁判員裁判:おじら2人殺害の被告、起訴内容認める--さいたま地裁初公判」、毎日新聞東京夕刊、2011年6月27日、9頁。
  6. ^ 「裁判員裁判:おじら2人殺害 被告、起訴内容認める 検察側「保険金目当て」/埼玉」、読売新聞埼玉版、2011年6月28日、23頁。
  7. ^ a b 「神奈川保険金殺人2被告を再逮捕 「泥酔し水死」説明うのみ 司法解剖せず」、読売新聞東京夕刊、2010年11月4日、12頁。
  8. ^ 「埼玉・深谷の男性殺害:容疑でおい2人再逮捕--県警」、毎日新聞東京朝刊、2010年6月26日、30頁。
  9. ^ 「おい2人再逮捕 おじ殺害容疑」、読売新聞東京朝刊、2010年6月26日、28頁。
  10. ^ 「女性殺害見逃した県警、初動捜査ミスに「痛恨の極み」/神奈川」、神奈川新聞、2011年1月5日。
  11. ^ 「横浜・女性殺害:2被告、詐欺容疑で再逮捕--埼玉県警」、毎日新聞東京朝刊、2011年1月21日、27頁。
  12. ^ 「2人殺害 弁護側 「無期懲役が相当」=埼玉」、読売新聞東京朝刊、2011年7月9日、33頁。
  13. ^ 「裁判員裁判:養母ら2人殺害 被告に無期懲役--さいたま地裁判決」、毎日新聞東京朝刊、2011年7月21日、28頁。
  14. ^ 「深谷の男性殺害:無期懲役の判決が確定/埼玉」、毎日新聞埼玉版、2011年8月6日、23頁。
  15. ^ 「裁判員裁判:2人殺害、被告いずれも否認 保険金の詐取も--初公判/埼玉」、毎日新聞埼玉版、2012年1月18日、23頁。
  16. ^ 「裁判員裁判:養母ら殺害、死刑求刑 さいたま地検「計画的で残虐」」、毎日新聞大阪夕刊、2012年2月15日、8頁。
  17. ^ 「おじと女性殺害 検察側「尊い命ごみのように」=埼玉」、読売新聞東京朝刊、2012年2月16日、33頁。
  18. ^ 「裁判員裁判:おじら2人殺害、被告に死刑判決--さいたま地裁」、毎日新聞東京朝刊、2012年2月25日、29頁。
  19. ^ 「裁判員裁判:おじら2人殺害 死刑判決不服、被告側が控訴/埼玉」、毎日新聞埼玉版、2012年2月29日、21頁。
  20. ^ おじら2人殺害、二審も死刑 東京高裁判決 日本経済新聞 2013年6月27日
  21. ^ いとこの養母ら殺害の46歳、死刑確定へ 最高裁 産経新聞 2015年12月4日
  22. ^ いとこのいいなりで殺害 エスカレートする犯罪の謎”. ザ!世界仰天ニュース. 2022年7月4日閲覧。


「横浜深谷連続殺人事件」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「横浜深谷連続殺人事件」の関連用語

横浜深谷連続殺人事件のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



横浜深谷連続殺人事件のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの横浜深谷連続殺人事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS