擡頭 擡頭の概要

擡頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 21:01 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
琉球王国の外交記録である『歴代宝案』の一部。「天」と「皇帝」とを擡頭としている。

概要

中国の古典籍では対象への敬意を表す場合、直前を空ける闕字、直前で改行する平出、直前で改行して文字を嵩上げする擡頭(たいとう)の三種がある[3]

敬意表現の程度としては闕字や平出よりも高い[3]。擡頭は尊敬の度合いにより、1文字から3文字程度の嵩上げをするが、書き手との相対的な関係で定まるもので絶対的な基準があるわけではない[3]。闕字や平出は唐令に規定された敬意表現であるのに対し、擡頭は元朝以降に敬意表現として明確になった[3]

日本では公式令に規定がないなど同令に規定がある平出・闕字と比較して用例は少ない。むしろ、用例として多いのは江戸幕府の文書における例であり、例えば「東照大権現」(もしくは単に「大権現」)・「故相国」(太政大臣に任じられていた今は亡き将軍)などが挙げられる。

参考文献


  1. ^ 擡頭”. コトバンク. 2020年7月3日閲覧。
  2. ^ 上げ書き”. コトバンク. 2020年7月3日閲覧。
  3. ^ a b c d 小島浩之「漢籍整理備忘録 -中国の古典籍・古文書の理解のために-」『大学図書館研究』第106巻、国公私立大学図書館協力委員会、2017年、 1-11頁、 doi:10.20722/jcul.1493ISSN 0386-0507NAID 1300060887922021年12月9日閲覧。


「擡頭」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「擡頭」の関連用語

擡頭のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



擡頭のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの擡頭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS