国際化と地域化 国際化と地域化の概要

国際化と地域化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/26 17:31 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
国際化と地域化の例。設定を変えることで表示言語が変わる。

概要

国際化と地域化は、(文字通り)二つの概念を集合的に捉えた用語である。

国際化(アメリカ英語: internationalization または イギリス英語: internationalisationi18n
ソフトウェアに機能的な変更や拡張を加えることなく多様な言語地域に適合できるようにする、ソフトウェア設計の工程。言語や地域に依存しない、仕様の汎用化や共通化を含む。
地域化(アメリカ英語: localization または イギリス英語: localisationL10N
特定の言語または地域固有の文化に応じたソフトウェアコンポーネント(構成部品)や機能を実装したり、ユーザー向けに表示されるメッセージ中の文言を翻訳したりすることによって、ソフトウェアを特定の言語や地域に適合させる工程。
外来語として「ローカライズ」「ローカライゼーション」とカナ表記されることのほうが多い。

かつては、ソフトウェアの地域化や多言語化のために必要に応じて機能的な変更や拡張が行われてきた。しかし、このようなやり方ではソフトウェアの規模拡大や対応する言語が多くなるに従い、開発や保守に多くの時間と費用がかかるため対応が難しくなる。1990年代プログラミング言語オペレーティングシステムの国際化対応が標準化されると、ソフトウェアを予め国際化することにより、地域固有データの追加や最小限の変更で地域化が行われるようになった。

名称

「国際化」internationalizationはたびたびi18nと略される。読む際には元の internationalization に読み替えたり、i-eighteen-n(アイ エイティーン エヌ)などと呼んだりする。日本においては、「あいいちはちえぬ」「あいじゅうはちえぬ」と呼んだり、「国際化」に読み替えたりすることもある。

i18n数略語であり、その「18」は、internationalization の先頭の i と語尾の n の間に nternationalizatio の18文字があることに起因する。1970年代1980年代かにDECで作られた用法といわれる[1]。大文字の I は数字の 1 と間違いやすいので一般的には小文字の i が使用される。

「地域化」localizationは同様にたびたび L10N と略される。小文字の l は数字の 1 と間違いやすいので一般的には大文字の L が使用される。

国際化と地域化両者の概念は時々、集合的にグローバライゼーションまたはグローバリゼーション (アメリカ英語: globalization または イギリス英語: globalisationG11N) と呼ばれる[注釈 1]。ただし、この言葉はソフトウェア工学の範囲を越えて社会的な国際化の意味で使われることも多い。

また、母国語対応・母国語支援[3]英語: national language support)あるいは現地語対応native language support)と呼ぶことも多い。UNIXにおける伝統的な国際化と地域化の手法も母国語対応と呼ばれる[4]。頭文字を取って、NLSと略される。

国際化の対象項目

一般的な国際化の対象項目を以下に挙げる。

  • 文字セット(標準の文字コードなど)
  • 文字の方向性(左から右へ、右から左へ、左に向かって上から下へ、他)
  • 文言
  • 書式
  • 日時情報の時差
  • 通貨情報

注釈

  1. ^ 外来語の言い換え提案として、地球規模化という直訳を与えている機関もある[2]

出典



「国際化と地域化」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国際化と地域化」の関連用語

国際化と地域化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国際化と地域化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国際化と地域化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS