国際化と地域化 システム側の対応状況

国際化と地域化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/26 17:31 UTC 版)

システム側の対応状況

Java
ローカライズ(地域化)に関係するクラスを標準で装備。(java.util.Localejava.text.DateFormatjava.text.NumberFormat など)
.NET Framework
System.Globalization.CultureInfoクラスなど。「ロケール」の代わりに「カルチャ」という用語が使われる。
POSIX
国際化機能の標準化
X/Open
XPG国際化モデル
X Window System
X Version 11 Release 5 (X11R5) で国際化機能を実装
gettext
プログラム中の文字列のローカライズ(地域化)を支援するツール。

関連項目

脚注

[脚注の使い方]

参考文献

外部リンク


注釈

  1. ^ 外来語の言い換え提案として、地球規模化という直訳を与えている機関もある[2]

出典



「国際化と地域化」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国際化と地域化」の関連用語

国際化と地域化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国際化と地域化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国際化と地域化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS