乾燥重量 乾燥重量の概要

乾燥重量

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/02 04:29 UTC 版)

乗り物コンテナで、上記の液体類を含み、旅客貨物乗務員/乗組員/操縦士を除いた自重を、英語では「Curb weight」と言う。

概要

乾燥重量オートバイサイドカートライク全地形対応車スノーモービルカタログ広報資料で用いられる場合が多い。

航空機の重量の場合は、構造体の重量に、閉鎖系となっている冷却水や油圧の作動油などの、運航中に可変しない物だけを加えた、空虚重量が通常用いられる。

一方、潤滑油や冷却水に加えて燃料を全量入れた状態での重量を、自動車では車両重量、小型船舶水上オートバイでは整備重量、鉄道車両では運転整備重量と呼んでいる(例外的にフェラーリは乾燥重量を用いている。)。

さらに乗員と貨物を定積載した状態での重量を自動車のカタログや車検証では車両総重量として記載されている。 なお、医学用語にも同じくドライウェイトと呼ばれる語があり、これは透析患者が余分な体内の分を取り除くときの目標体重である。日本語で基準体重、適正体重ともいう。

関連項目




「乾燥重量」の続きの解説一覧



乾燥重量と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「乾燥重量」の関連用語

乾燥重量のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



乾燥重量のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乾燥重量 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS