ミケランジェロ -神になろうとした男- ミケランジェロ -神になろうとした男-の概要

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ミケランジェロ -神になろうとした男-の解説 > ミケランジェロ -神になろうとした男-の概要 

ミケランジェロ -神になろうとした男-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/22 00:23 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

作・演出は谷正純[1][2]。本公演における併演作品は『VIVA![3][2]』。

解説

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演[4]参考。

ルネサンス期の芸術家・ミケランジェロ・ブオナローティの燃え尽きることのなかった激情の生涯を描いたミュージカル。時の権力者に抗し、神の代わりに生命を創り出そうとしたミケランジェロの作品やコンテッシーナとの魂の交流を通して、人間愛を讃歌している。

花組トップスター・愛華みれの宝塚サヨナラ公演。渚あき星組へ、彩乃かなみ宙組へ、宙組から遠野あすかが異動なったため、宝塚と東京では一部配役を変更している。

公演期間と公演場所

スタッフ

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両劇場共通。

  • 作曲・編曲:吉崎憲治[1]/宮原透[1]
  • 編曲:前田繁実(宝塚)[1]、脇田稔(東京)[2]
  • 音楽指揮:岡田良機(宝塚)[1]、大谷木靖(東京)[2]
  • 振付:尚すみれ[1]
  • 装置:新宮有紀[1]
  • 衣装:任田幾英[1]
  • 照明:勝柴次朗[1]
  • 音響:加門清邦[1]
  • 小道具:石橋清利[1]
  • 効果:扇野信夫[1]
  • 演技指導:村田富久[1]
  • 演出助手:大野拓史[1]
  • 装置助手:國包洋子[1]
  • 小道具補:谷田祥一[1]
  • 舞台進行:日笠山秀観(宝塚)[1]、西原徳充(東京)[2]
  • 舞台美術製作:株式会社宝塚舞台[1]
  • 演奏:宝塚歌劇オーケストラ(宝塚)[1]
  • 演奏コーディネート:株式会社内藤音楽事務所(東京)[2]
  • 制作:木村康久[1]
  • 衣装生地提供:ミカレディ株式会社[1]
  • 協賛:三井住友カード株式会社[1]
  • 演出担当(新人公演):大野拓史[2][3]

特別出演(宝塚における本公演)

※氏名の後ろの()は2001年当時の所属組。

主な配役

本公演

※氏名の前に「宝塚」、「東京」の文字がなければ両劇場共通。「( )」は宝塚において汝鳥伶、途中休演による代役[1]

新人公演

※氏名の前に「宝塚」、「東京」の文字がなければ両劇場共通。


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am 90年史 2004, p. 129.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 90年史 2004, p. 133.
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 90年史 2004, p. 130.
  4. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 183.


「ミケランジェロ -神になろうとした男-」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミケランジェロ -神になろうとした男-」の関連用語

ミケランジェロ -神になろうとした男-のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミケランジェロ -神になろうとした男-のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミケランジェロ -神になろうとした男- (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS