karateとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > karateの意味・解説 

カラト

分子式C21H15ClF3NO3
その他の名称Karate、カラト
体系名: rac-3α*-[(Z)-2-クロロ-3,3,3-トリフルオロ-1-プロペニル]シクロプロパン-1α*-カルボン酸[(S*)-シアノ(3-フェノキシフェニル)メチル]


KARATE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/23 14:20 UTC 版)

KARATE」(カラテ)は、BABYMETALの配信シングル。2016年2月26日にBMD FOX RECORDSから発売された。




  1. ^ Billboard Japan Hot 100│Charts│Billboard JAPAN (2016/05/02 付け)”. Billboard JAPAN. 株式会社阪神コンテンツリンク. 2016年5月15日閲覧。
  2. ^ Billboard Japan Radio Songs│Charts│Billboard JAPAN (2016/04/25 付け)”. Billboard JAPAN. 株式会社阪神コンテンツリンク. 2016年5月15日閲覧。
  3. ^ Babymetal Karate Chart History│Twitter Top Tracks” (英語). ビルボード. 2019年10月24日閲覧。
  4. ^ Babymetal Karate Chart History│Spotify Viral 50” (英語). ビルボード. 2019年10月24日閲覧。
  5. ^ Babymetal Karate Chart History│World Digital Song Sales” (英語). ビルボード. 2019年10月24日閲覧。
  6. ^ BABYMETAL NewSG「KARATE」をゆよゆっぺが制作”. tokyologic. 株式会社TOKYOLOGIC (2016年2月26日). 2016年5月15日閲覧。
  7. ^ “セイヤソイヤ!BABYMETAL「KARATE」先行配信開始”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年2月26日). http://natalie.mu/music/news/177604 2016年5月15日閲覧。 
  8. ^ 吉田尚記 (2016年2月25日). “世界展開するBABYMETALの新曲「KARATE」 今夜の「ミュ~コミ+プラス」で日本初オンエア!”. カルチャー情報サイト「yoppy」. 株式会社ニッポン放送. 2016年5月15日閲覧。
  9. ^ 池田尚志 (2016年4月1日). “BABYMETAL、全世界待望のセカンド・アルバム・リリース!!&全曲レビュー掲載!!”. OTOTOY. オトトイ株式会社. 2016年5月15日閲覧。
  10. ^ 望月裕介. “新たな道を切り開き続ける、BABYMETAL次章の幕開け!!”. GrindHouse. 株式会社グラインドハウス. 2016年5月15日閲覧。
  11. ^ 本日MステでBABYMETALが新曲『KARATE』を披露!弘中アナ「頭から離れません」タモリの反応は……?”. 耳マン. 株式会社リットーミュージック (2016年4月22日). 2016年5月15日閲覧。
  12. ^ ミュージックビデオサーチ”. スペースシャワーTV. 株式会社スペースシャワーネットワーク. 2016年5月15日閲覧。
  13. ^ a b c “BABYMETAL、「KARATE」MV公開。「この3人で突き進んでいきたい」”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2016年3月18日). http://www.barks.jp/news/?id=1000125322 2016年5月15日閲覧。 
  14. ^ a b BABYMETAL (2016年4月27日). “Babymetal Gives Exclusive Look into 'Karate' Dance Moves”. ローリングストーンYouTube. 2016年5月15日閲覧。
  15. ^ “BABYMETAL、MTVで『BABYMETAL LIVE AT WEMBLEY ARENA』放送決定”. リアルサウンド (株式会社blueprint). (2016年11月16日). https://realsound.jp/2016/11/post-10176.html 2019年8月1日閲覧。 
  16. ^ Graham Hartmann (2017年1月10日). “Babymetal Win Five Honors in the 6th Annual Loudwire Music Awards” (英語). Loudwire (Townsquare Media Inc.). https://loudwire.com/babymetal-win-five-honors-6th-annual-loudwire-music-awards/ 2019年12月20日閲覧。 
  17. ^ “BABYMETAL、来週4/22放送のMステに出演決定!”. 激ロック (激ロックエンタテインメント株式会社). (2016年4月15日). http://gekirock.com/news/2016/04/babymetal_music-station_0422.php 2016年5月15日閲覧。 
  18. ^ “【NEWS】BABYMETAL & Rob Halford(Judas Priest)のAP Music Awards 2016でのライヴ・パフォーマンスがYouTubeでも公開”. NM MAGAZINE. (2016年7月21日). https://nmmag.jp/?p=45004 2019年12月20日閲覧。 
  19. ^ BABYMETAL、米プロレス団体WWEの大会テーマソングに採用”. スポーツ報知 (2016年5月26日). 2016年5月26日閲覧。
  20. ^ スタナー松井 (2016年5月27日). “BABYMETALの曲が世界最大のプロレス団体WWEの大会テーマに!”. ギズモード・ジャパン (株式会社メディアジーン). http://www.gizmodo.jp/2016/05/babymetal-is-featured-in-wwe-nxt-takeover.html 2016年6月13日閲覧。 


「KARATE」の続きの解説一覧

空手道

(karate から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/02 11:39 UTC 版)

空手道(からてどう)または空手(からて、沖縄語発音: [kaɽati])は、琉球王国発祥[1]の拳足による打撃技を特徴とする武道である[2]。起源には諸説があるが、沖縄固有の拳法のに当身の際の発声、巻き藁稽古法など、日本の剣術(特に薩摩示現流)の影響を受けたという見方がある。


注釈

  1. ^ 中田瑞彦「本部朝基先生・語録」1978年(小沼保『琉球拳法空手術達人 本部朝基正伝』所収)に「古流唐手」の使用例がある。それ以降では、岩井作夫『古伝琉球唐手術』(愛隆堂、1992年)等に見いだされる。
  2. ^ 元・月刊空手道編集長の小島一志が、“フルコンタクト空手”という名称がアメリカ発で、それを日本で行われている極真会館に代表される直接打撃制の空手ルールに呼びやすい名前をつけるために拝借したと自身の著作、“リアルバトロジー2 新世紀格闘技論”にて告白している。
  3. ^ 英語版の記事ではそう記述されているが、日本側の文献では本部朝基に中国人の弟子がいたかどうか確認できていない。
  4. ^ 前 IOC副委員長で世界跆拳道連盟の会長であった金雲容は 「テコンドー協会長になった頃、シルムやサッカーの関係者は自分たちのスポーツが国技であると主張していた。当時のテコンドーはいろんな面で弱かったので、私は(訳者注:1971年3月20日に)、朴正煕大統領に頼んで『国技テコンドー』と親筆揮毫していただいた。そしてこれを大量にコピーして、全ての道場に掛けるように命じた。このことがきっかけになってテコンドーは国技になった。」と『mooto media、www.mooto.com、2010年2月9日』で語っている。

出典

  1. ^ 「危険に立ち向かう力が身につく。心技体を鍛えて強くなる」、2016年1月15日発行、発行者・小川雄一、14頁。
  2. ^ 船越義珍『琉球拳法唐手』3頁参照。
  3. ^ 「空手の歴史」 宮城篤正 おきなわ文庫 2014年2月12日
  4. ^ 『空手発祥の地 沖縄 Okinawa The Birthplace of Karate』沖縄県、2017年3月。 
  5. ^ 糸洲十訓第6条を参照。
  6. ^ 「本社主催・空手座談会(二)」『琉球新報』1936年10月28日。
  7. ^ 摩文仁賢和・仲宗根源和『攻防拳法空手道入門』43頁参照。
  8. ^ 船越義珍『愛蔵版 空手道一路』榕樹書林、2004年、98頁参照。
  9. ^ 富名腰義珍『琉球拳法唐手』武侠社、1922年、2頁。
  10. ^ 本部朝基『沖縄拳法唐手術組手編』唐手術普及会、1926年、4頁。
  11. ^ 『本社主催 空手座談會(一)~(六)』琉球新報社、1936年10月27日から11月2日付。 
  12. ^ 船越義珍『愛蔵版 空手道一路』榕樹書林、2004年、99頁参照。
  13. ^ 『創立十周年記念・空手道集成第一巻』慶応義塾体育会空手部、1936年、7、25頁参照。
  14. ^ 『創立十周年記念・空手道集成第一巻』慶応義塾体育会空手部、1936年、25頁参照。
  15. ^ 『創立十周年記念・空手道集成第一巻』慶応義塾体育会空手部、1936年、4、25頁参照。
  16. ^ 三木二三郎・高田瑞穂『拳法概説』東大唐手研究会、1929年、改訂版1930年、復刻版、榕樹書林、2002年、221頁参照。
  17. ^ 同上。
  18. ^ a b 宮城長順「唐手道概説」 1936年、参照。
  19. ^ 山内盛彬「空手随想」『月刊空手道』七・八月合併号、空手時報社、1956年、61頁参照。
  20. ^ 安里安恒談・富名腰義珍筆「沖縄の武技」(『琉球新報』1913年1月17日-19日記事)。
  21. ^ 本部朝基『私の唐手術』、岩井虎伯『本部朝基と琉球カラテ』所収、10頁。
  22. ^ a b c 本部直樹「「阿嘉直識遺言書」に見る18世紀の琉球の諸武術―示現流、柔術、からむとう―」(『日本武道学会第42回大会研究発表抄録』日本武道学会、2009年)
  23. ^ 長嶺将真『史実と伝統を守る・沖縄の空手道』50頁。
  24. ^ 『日本武道体系第8巻空手道・合気道・少林寺拳法・太極拳』 今村嘉雄編 同朋舎出版 1982年 ISBN 4810490173 P,105
  25. ^ 上里隆史『目からウロコの琉球・沖縄史』ボーダーインク、2007年、64頁参照。
  26. ^ 儀間真謹・藤原稜三『対談 近代空手道の歴史を語る』43頁参照。
  27. ^ 同上、42頁。
  28. ^ 藤原稜三『格闘技の歴史』640頁参照。
  29. ^ 船越義珍『愛蔵版 空手道一路』95頁参照。
  30. ^ 岩井虎伯『本部朝基と琉球カラテ』愛隆堂、平成14年、146頁参照。
  31. ^ 渡久地雅昭「空手の歴史、その信憑性を考察する」『JKFan』2006年10、11、12月号、2007年5、7月号、チャンプ
  32. ^ 藤原稜三『格闘技の歴史』657頁参照。
  33. ^ 『球陽』第18号、1909年、沖縄県公文書館所蔵。高宮城繁・仲本政博・新里勝彦『沖縄空手古武道事典』柏書房、2008年、736頁参照。
  34. ^ 船越義珍『愛蔵版 空手道一路』149頁参照。
  35. ^ 長嶺将真『沖縄の空手・角力名人伝』新人物往来社、昭和61年、144頁参照。
  36. ^ 「唐手実見の感想」『日布時事』1927年7月6日[1]
  37. ^ 比嘉敏雄・高宮城繁編著『武魂 -奥妙在錬心-』沖空会北谷道場、2002年、90頁参照。
  38. ^ a b 『空手道:その歴史と技法』嘉手苅、小山、和田, 2020年日本武道館(ベースボールマガジン社)
  39. ^ 長嶺将真『史実と伝統を守る・沖縄の空手道』52頁参照。
  40. ^ 儀間真謹・藤原稜三『対談・近代空手道の歴史を語る』147頁参照。
  41. ^ 『空手道』収録の寄稿文、大塚博紀「明正塾前後」の55頁、ならびに小西康裕「琉球唐手術の先達者」の58、59頁を参照。
  42. ^ 月刊空手道2012年10月号 防具付空手の開拓者 一撃必殺錬武会[リンク切れ]
  43. ^ 空手道の歴史について 組手の競技化を実現した「寸止めルール」(福昌堂)[リンク切れ]
  44. ^ 『創立十周年・記念誌』沖縄県空手道連盟、1991年、19頁参照。
  45. ^ 『創立十周年・記念誌』沖縄県空手道連盟、1991年、16頁参照。
  46. ^ 長嶺将真「国体における空手道型の指定について」『創立十周年・記念誌』沖縄県空手道連盟、1991年、188頁参照。
  47. ^ 「対談・ゲスト小西康裕/聞き手池田奉秀・空手道を語る――過去と現在の武道的視点――」『対談集・空手道を語る』武道出版研究所、1977年、6頁参照。
  48. ^ 糸洲十訓参照。
  49. ^ 岩井虎伯『本部朝基と琉球カラテ』199頁参照。
  50. ^ 船越義珍『愛蔵版・空手道一路』105頁参照。
  51. ^ 外間哲弘編著『空手道歴史年表』42頁参照。
  52. ^ 時津賢児『武道の力』(大和書房、2005年)の「古流空手から中国拳法へ」(62-66頁)参照。
  53. ^ フル・コム編『公開!沖縄空手の真実』東邦出版、2009年、48頁。
  54. ^ 全日本空手道連盟. “「空手」東京2020オリンピック追加競技に決定!”. 2016年8月25日閲覧。
  55. ^ 東スポWeb. “空手五輪入りへ大きな一歩!フルコン初の統一大会大成功”. 2014年5月19日閲覧。
  56. ^ John CorcoranとEmil Farkasの著作、The Original Martial Arts Encyclopedia: Tradition, History, Pioneers を参照。
  57. ^ アメリカ空手界歴史研究家,Jerry Beasleyの著作、Mastering Karateを参照。
  58. ^ eFight【イーファイト】. “大幅ルール改正、松井館長「より実戦的な空手でクオリティの高い競技を」”. 2017年9月8日閲覧。
  59. ^ eFight【イーファイト】. “2018年6月から新ルール導入、五輪空手ルールに対応へ=下段蹴り禁止、顔面寸止め有効など”. 2017年11月4日閲覧。
  60. ^ 儀間真謹・藤原稜三『対談・近代空手道を語る』273頁参照。
  61. ^ 三木二三郎・高田瑞穂『拳法概説』184頁参照。
  62. ^ 富名腰義珍『錬胆護身 唐手術』掲載写真参照。
  63. ^ 儀間真謹・藤原稜三『対談・近代空手道を語る』104頁参照。
  64. ^ 富名腰義珍『空手道教範』大倉広文堂、昭和10年、37頁参照。
  65. ^ 『日布時事』1927年4月12日記事



KARATE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/20 18:36 UTC 版)

フォトバトール」の記事における「KARATE」の解説

空手家が5の瓦を割る中、1~4目の瓦が割れ瞬間一発勝負撮影する第7回全世界空手道選手権大会優勝者である岡本徹出演しゲーム画面にもクレジットされている。

※この「KARATE」の解説は、「フォトバトール」の解説の一部です。
「KARATE」を含む「フォトバトール」の記事については、「フォトバトール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「karate」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「karate」の関連用語

karateのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



karateのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのKARATE (改訂履歴)、空手道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフォトバトール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS