VO2maxとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 健康用語 > VO2maxの意味・解説 

最大酸素摂取量

読み方さいだいさんそせっしゅりょう
【英】:Maximal Oxygen Uptake,VO2max

  体力構成要素のうち全身持久力指標です。運動中に体内ミトコンドリア)に取込まれる酸素最大量を示し有酸素性能力や有酸素パワーとも呼ばれています。
 1923年に、HillLuptonによって定義づけられ、スウェーデン生理学者であるAstrand(1952)によって広く世界普及しました。測定法には、直接法間接法あります直接法は、自転車エルゴメータートレッドミルなどを用いて最大努力での運動中に採気された呼気ガス分析し、1分間体内取り込まれる酸素最大量を算出します。一方間接法では、最大努力までは行わず、心拍数運動負荷などから最大の値を推定します。男性20歳代の平均値は、体重あたりで40ml/kg/min程度ですが、エリート長距離選手の最大酸素摂取量は90ml/kg/minにも達します。心血管系疾患罹患率死亡率とも関連するなど、全身持久力としての体力評価値としてはもちろんのこと、健康を表す指標としても重要であると考えられます。


最大酸素摂取量

(VO2max から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/02 15:25 UTC 版)

最大酸素摂取量(さいだいさんそせっしゅりょう、: VO2 max, maximal oxygen consumption)とは、漸増運動で測定された酸素消費の最大量のこと[1][2]。通常は、モーター付のトレッドミルで計測される。最大酸素摂取量は有酸素運動能力を反映し、長時間の最大限下の運動持久力を決める重要な要素である。名称は V = 量(volume)、O2 = 酸素、max = 最大限(maximum)に由来する。


  1. ^ a b Clemente, C. J., P. C. Withers, and G. G. Thompson. 2009. Metabolic rate and endurance capacity in Australian varanid lizards (Squamata; Varanidae; Varanus). Biological Journal of the Linnean Society 97:664-676.
  2. ^ a b Dlugosz, E. M., M. A. Chappell, T. H. Meek, P. Szafrañska, K. Zub, M. Konarzewski, J. H. Jones, J. E. P. W. Bicudo, V. Careau, and T. Garland, Jr. 2013. Phylogenetic analysis of mammalian maximal oxygen consumption during exercise. Journal of Experimental Biology 216:4712-4721.
  3. ^ Arteriovenous oxygen difference”. Sports Medicine, Sports Science and Kinesiology. Net Industries and its Licensors (2011年). 2011年4月30日閲覧。
  4. ^ Uth, Niels; Henrik Sørensen, Kristian Overgaard, Preben K. Pedersen (2004年1月). “Estimation of VO2max from the ratio between HRmax and HRrest--the Heart Rate Ratio Method”. Eur J Appl Physiol. 2004 Jan;91(1):111-5. 2009年11月3日閲覧。
  5. ^ 新体力テスト実施要項:文部科学省 の 20mシャトルラン(往復持久走) 最大酸素摂取量推定表


「最大酸素摂取量」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

VO2maxのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



VO2maxのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
厚生労働省厚生労働省
(C)2019 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの最大酸素摂取量 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS