MTRとは? わかりやすく解説

エム‐ティー‐アール【MTR】


エム‐ティー‐アール【MTR】

読み方:えむてぃーあーる

material testing reactor》「材料試験炉」に同じ。


エム‐ティー‐アール【MTR】

読み方:えむてぃーあーる

missile tracking radarミサイル追尾レーダー


香港MTR

(MTR から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/27 09:12 UTC 版)

MTR(エムティーアール、Mass Transit Railway)は、香港の主要鉄道路線システムである。中国語では港鉄(こうてつ、繁体字中国語: 港鐵)。2007年12月2日に香港地鉄公司へ九広鉄路公司の運営権が譲渡、統合されて誕生した香港鉄路有限公司が運営している。


  1. ^ 楊文娟 (2018年1月25日). “【鐵道設計】M for Metro 全世界77個M字地鐵標誌設計諗到頭痕?” (中国語). 香港01. https://www.hk01.com/%E8%97%9D%E6%96%87/152052/%E9%90%B5%E9%81%93%E8%A8%AD%E8%A8%88-m-for-metro-%E5%85%A8%E4%B8%96%E7%95%8C77%E5%80%8Bm%E5%AD%97%E5%9C%B0%E9%90%B5%E6%A8%99%E8%AA%8C%E8%A8%AD%E8%A8%88%E8%AB%97%E5%88%B0%E9%A0%AD%E7%97%95 2018年9月12日閲覧。 
  2. ^ 港島線のHKU方面延伸開業時からソフトウェア更新が行われ、ホーム側にも「Please stand back from the platform doors.」の放送とドア閉扉警報音の鳴動が行われるようになっている
  3. ^ 高鐵超支148億 延誤兩年(蘋果日報 2014年04月16日)
  4. ^ 香港高速鉄道が開通 車内で中国の法律を適用で反発も朝日新聞デジタル 2018年9月22日
  5. ^ 広深港高速鉄道が全面開通、本土と直結日本貿易振興機構(JETRO) - ビジネス短信 2018年9月27日
  6. ^ [1] - CET社公式サイト、こちらは使い捨てである
  7. ^ 原則として乗車区間の運賃と同額の頭等料金となっている制度であることから、JR東日本の「Suicaグリーン券」と異なり、決済は出場駅改札において行われる
  8. ^ https://www.mtr.com.hk/archive/ch/pdf/fam2021/LR_Fare.pdf


「香港MTR」の続きの解説一覧

MTR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 17:20 UTC 版)

藍田」の記事における「MTR」の解説

詳細は「藍田駅」を参照 1979年1989年の間に、MTRの観塘線観塘駅まで接続された。3本並行入り交じる線路から構成され、この駅の後ろには車庫建設されて、これは観塘法院まで続いていた。観塘線延長された後には、旅客鉄道一部となっている。 1984年には、政府が、香港初の鉄道・道路トンネルであったビクトリア・ハーバー東部横断する香港海底トンネル交通渋滞緩和するため、2番目の鉄道トンネル道路トンネル建設することを決定した。このトンネルは、観塘線鰂魚涌駅まで延長することを可能とし、この中間地点に藍田駅追加された。新しいMTRの駅は、1989年11月8日開業し藍田への人口流入引き金となった同時に鯉魚門道の反対側に位置し、フランチャイズバス、ミニバスタクシー及び外部へのバス発着する藍田バスターミナル建設された。ターミナルは、階段エスカレーターで匯景広場英語版)と結ばれている。これらの新し施設の建設により、藍田はしだい香港主要な交通結節点となっていった。 観塘線は、将軍澳線計画一環として2001年9月27日北角駅までわずかに延長されたが、2002年8月18日将軍澳線開業した際に、調景嶺駅へ向かうこととなった。現在では、藍田駅観塘線にあり、調景嶺英語版)にある終点駅から3番目の駅となっている。

※この「MTR」の解説は、「藍田」の解説の一部です。
「MTR」を含む「藍田」の記事については、「藍田」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「MTR」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



MTRと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「MTR」の関連用語

MTRのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



MTRのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの香港MTR (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの藍田 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS