長谷川かな女とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 作家 > 歌人 > 歌人 > 長谷川かな女の意味・解説 

長谷川かな女


長谷川かな女

長谷川かな女の俳句

アイスクリームに厚き外套脱ぎ給へ
切れ凧の敵地へ落ちて鳴りやまず
呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉
時鳥女はものの文秘めて
水入れて春田となりてかがやけり
生涯の影ある秋の天地かな
羽子板の重きが嬉し突かで立つ
苗代や逆さに吊りし鴉の羽
西鶴の女みな死ぬ夜の秋
願ひ事なくて手古奈の秋淋し
 

長谷川かな女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/11 08:38 UTC 版)

長谷川 かな女(はせがわ かなじょ、1887年10月22日 - 1969年9月22日)は、日本俳人。本名はカナ。孫は小説家三田完がいる。




「長谷川かな女」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「長谷川かな女」の関連用語

長谷川かな女のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



長谷川かな女のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2019 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの長谷川かな女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS