退けるとは?

Weblio 辞書 > 方言 > 博多弁 > 退けるの意味・解説 

ど・ける【退ける】

[動カ下一][文]ど・く[カ下二場所をあけるために、そこにあったものを他の場所へ移す。のける。どかす。「故障車を—・ける」


ひ・ける【引ける】

[動カ下一][文]ひ・く[カ下二

引いた状態になる。「内角の球に腰が—・ける」

㋐(「退ける」とも書く)その日勤め授業などが終わる。仕事などが終わってひきあげる。「会社五時に—・ける」「学校が—・ける」

その日相場が、ある値段で終わる。「1050円で—・けた」

ひるんで積極的にふるまうことができなくなる。気おくれがする。「気が—・ける」

引け四つ」になる。

「少し前に廓は—・けて了ったので」〈荷風夢の女

見劣りがする。

「せんどはいかう—・けた脇差にて笑はれさんした」〈仮・名女情比・五〉

衣服などが破れる。

「肩が—・けると通用きかねえわい」〈洒・卯地臭意


の・ける【退ける/除ける】

[動カ下一][文]の・く[カ下二

そこから他の場所へ移したり、行かせたりする。しりぞける。「道に積もったを—・ける」「人を—・けて密談する」

取りのぞく。除外する。「不良品を—・ける」

取り分けて残す。別にする。「売約済の品を—・けておく」

仲間からはずす。のけものにする。「グループから—・けられる

間に隔たりを置く。離す

「(横笛ノ)この穴を吹くときは、かならず(吹キ口カラ口ヲ)—・く」〈徒然二一九〉

補助動詞動詞連用形接続助詞「て」を添えた形に付いて、やりにくいことをみごとに、また、思いきってやってしまう意を表す。「少な日程作業をやって—・ける」「言いたいことを相手構わず言って—・ける」

→除(のぞ)く[用法]


しり‐ぞ・ける【退ける/斥ける】

[動カ下一][文]しりぞ・く[カ下二

後方へ下がらせる。引き下がらせる。その場から遠ざける。「通訳を—・けて会談する」

こちらに向かって来るものを負かしたり、寄せつけず追い返したりする。撃退する。「攻め来る敵を—・ける」「凡打に—・ける」「誘惑を—・ける」

申入れ主張などを受け入れないで、拒む。「審議会勧告を—・ける」「控訴を—・ける判決

職や地位辞めさせる。「反対派役員から—・ける」


のけ・る【退ける】

方言味・解
のけ・る【退ける】他動下一)どける。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「退ける」の関連用語

退けるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



退けるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
博多弁推進会博多弁推進会
©1999-2021 博多弁推進会

©2021 GRAS Group, Inc.RSS