身体的反応とは? わかりやすく解説

身体的反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/05 07:52 UTC 版)

泣く」の記事における「身体的反応」の解説

泣くことの最も一般的な副作用として、泣き伴わない場合には咽喉頭異常感症として知られる、のどの腫れるような感覚がある。咽喉頭異常感は多く要因から起こりうるが、泣いている際に感じるものは、交感神経系ストレス対す反応である。動物ある種危機さらされたとき、交感神経系動物に戦うか逃げるかを可能にするプロセス始動させる消化などの不要な身体機能停止し必要な筋肉への血流酸素量増加させるなどである。人が悲しみなどの感情経験したときも、交感神経系このような形で働く。交感神経系によって高められる機能1つ呼吸があり、空気流れ増やすために声門拡張される。この交感神経反応が起こると、副交感神経系は、高ストレス活動抑制し消化器を動かすなどの回復プロセス促進してただちにこの反応止めようとする。消化には嚥下も関わっており、食物喉頭に入るのを防ぐために完全に拡張した声門閉じ必要がある一方で声門は、人が泣いている間ずっと開こうとする。この声門の開閉をめぐるせめぎ合いが、喉が腫れるような感覚作り出している。 泣いているときの他の副作用としては一般に、唇の震え鼻水、不安定激しい声などが挙げられる

※この「身体的反応」の解説は、「泣く」の解説の一部です。
「身体的反応」を含む「泣く」の記事については、「泣く」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「身体的反応」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「身体的反応」の関連用語

身体的反応のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



身体的反応のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの泣く (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS