観世音寺の鐘とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 文化 > 日本の音風景100選 > 観世音寺の鐘の意味・解説 

観世音寺の鐘

福岡県太宰府市

●よく聞ける時期
(A)毎月18日 午後1時

(B)大晦日除夜の鐘

*鐘の保護のため自由に撞くことはできない

●よく聞けるところ
観世音寺境内

寄りみち
太宰府天満宮はもちろんだが、観世音寺周辺特別史跡太宰府跡(都府楼跡)や水城跡をはじめとする緑豊か史跡地で、歴史散策絶好である。

観世音寺の鐘 太宰府は、学問の神菅原道真公祀る太宰府天満宮有名だが、観世音寺由緒深い。

 天智天皇創建伝えられる観世音寺梵鐘は、朱鳥13年698)に鋳造され京都妙心寺の鐘と兄弟鐘といわれている。

 その形、大きさ妙心寺の鐘とほぼ同じだが、上下唐草文や龍頭吊り下げる部分からみて日本最古の鐘と考えられ国宝指定されている。

 この日最古の鐘は毎月18日午後1時に撞かれ、一三〇〇年の時を越えて古代人々聞いた鐘の音太宰府のまちに響きわたる

都府楼わずかに瓦の色を看、
観音寺はただ鐘の声聞く」と菅原道真詩句にもうたわれている名鐘の音色だ。

アクセス

列車西日本鉄道太宰府線五条駅下車徒歩10分
マイカー九州自動車道太宰府ICから国道3号で約4キロ

問合わせ先
観世音寺宝蔵福岡県太宰府市観世音寺−6−10929221811




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

観世音寺の鐘のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



観世音寺の鐘のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2022 Kankyosho All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS