花びら餅とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 花びら餅の意味・解説 

花びら餅

読み方:はなびらもち

ごぼうと白味噌餡を餅で包んだ菓子宮中新年を祝う和菓子として食されてきた。「葩餅」「菱葩餅」とも書く。

花びら餅

作者大矢風子

収載図書花びら餅―ゆきのまち幻想文学賞小品集 10
出版社企画集団ぷりずむ
刊行年月2001.3


菱葩餅

(花びら餅 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/21 00:29 UTC 版)

菱葩餅(ひしはなびらもち)は、ごぼう白味噌とピンク色のを、餅もしくは求肥で包んだ和菓子である[1]。通称花びら餅平安時代の新年行事「歯固めの儀式」を簡略化したもので、600年にわたり宮中のおせち料理の一つと考えられてきた。




「菱葩餅」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「花びら餅」の関連用語

花びら餅のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



花びら餅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの菱葩餅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS