置目とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 方法 > 置目の意味・解説 

おき め [0] 【置目】

蒔絵まきえ)の下絵を漆面に転写する方法美濃紙に描いた下絵輪郭を、裏から胡粉ごふん)などでなぞり、これを器面に押しあてて転写する。
中世近世領主などが作った法令規定。 → 掟書おきてがき
仕置き処刑。 「盗みをさせて-にあふ/浄瑠璃丹波与作


置目

読み方:オキメ(okime)

(1)規定法律の意。
(2)中世から近世仕置刑罰の意。

別名 処刑、掟・置手


置目

読み方:おきめ

蒔絵行なう際、図案輪郭を器面に下絵すること。ふつう薄い和紙に墨で模様をかき、裏からそのあとを焼漆で描きおこし、器面に当て転写するという方法がとられます。

置目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/31 09:11 UTC 版)

置目(おきめ、生没年不詳)は、記紀に登場する古代日本(古墳時代)の女性置目老媼あるいは置目老嫗 (おきめ の おみな)ともいう。顕宗天皇に仕えた。


  1. ^ a b 『古事記』下段、顕宗天皇段
  2. ^ 『日本書紀』顕宗天皇元年2月5日条
  3. ^ 『日本書紀』顕宗天皇元年2月是月条その1
  4. ^ 『日本書紀』顕宗天皇元年2月是月条その2
  5. ^ 『日本書紀』顕宗天皇元年5月条
  6. ^ 『日本書紀』顕宗天皇2年2月9月条


「置目」の続きの解説一覧



置目と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「置目」の関連用語


2
律令 国語辞典
92% |||||

3
法制 国語辞典
92% |||||

4
法律 国語辞典
92% |||||

5
法条 国語辞典
92% |||||

6
王法 国語辞典
92% |||||



9
58% |||||


置目のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



置目のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2020 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの置目 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS