知念城跡とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 知念城跡の意味・解説 

知念城跡

名称: 知念城跡
ふりがな ちねんじょうあと
種別 史跡
種別2:
都道府県 沖縄県
市区町村 南城市
管理団体
指定年月日 1972.05.15(昭和47.05.15)
指定基準 史2
特別指定年月日
追加指定年月日
解説文: S47-5-163[[知念]ちねん]城跡.txt: 沖縄本島南部東端知念村北西数百メートル丘陵上にあり、東南部古城西北連なる新城からなる古城新城より約10メートル高所にあり、野面積み石垣内部鬱蒼としたで、『おもろ双紙』に「かみおりはじめのぐすく」と謡われた霊場である。新城切石積み城壁をめぐらし、東に正門、北に裏門アーチ形の城門をひらく。この郭内には沖縄開闢伝説名高い[[久高島]くだかじま](知念岬の東方海上キロ)の遙拝所があり、尚王家尊信をうけ、18世紀尚敬王により大修理が行なわれている。
 知念城は、その西方にある[[玉城]たまぐすく]城と共に、古い築城伝説をもち、代々同地の[[按司]あじ]の居城だが、とくに尚王家権威による宗教古城として沖縄史上重要な意味をもっている。
史跡名勝記念物のほかの用語一覧
史跡:  矢瀬遺跡  矢立山古墳群  矢谷古墳  知念城跡  知覧城跡  石のカラト古墳  石動山


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「知念城跡」の関連用語

知念城跡のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



知念城跡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS