暑熱順化とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 暑熱順化の意味・解説 

暑熱順化

読み方:しょねつじゅんか
別表記:暑熱馴化

暑さ順応すること、あるいは、順応させること。夏の暑さ身体慣れる(馴化順応する)こと。

順化」および「馴化」は、環境変化に応じて生物ある程度時間をかけて適応することを意味する語である。寒い環境慣れることを「寒冷順化」といったり、標高が高く酸素濃度の薄い環境慣れることを「高地順化」といったりする。

初夏猛暑酷暑は急激な環境変化身体がついて行けず、参ってしまいやすいが、夏の終わり頃に同程度猛暑見舞われた場合相対的に乗り切りやすい。これはひと夏の間に暑さに対して身体順化したためである。暑熱順化の有無暑熱障害熱中症)へのリスク高低影響する。急激に気温が高まる初夏は特に熱中症などへの対策が必要であり、事前に運動をして発汗促進するなどして暑熱順化を促すといった対応が理想とされる

しょねつ‐じゅんか〔‐ジユンクワ〕【暑熱順化】

夏の暑さに体が慣れること。数日から数十日間で起こる短期暑熱順化と、数年または数世代にかけて起こる長期暑熱順化とがある。→寒冷順化

[補説] 近年では、冷房設備普及にともない短期暑熱順化が起こりにくくなっているため、軽い運動などで発汗をうながし、意図的順化を行うことで、夏季熱中症予防効果があるとされる


暑熱馴化

(暑熱順化 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/07 09:11 UTC 版)

暑熱馴化(しょねつじゅんか、: heat adaptability)とは、徐々に体を暑さ順応させることである。「暑熱順化」[1]「暑熱順応」[2]とも表記される。


  1. ^ 中井誠一, 新矢博美, 芳田哲也 ほか、「スポーツ活動および日常生活を含めた新しい熱中症予防対策の提案 -年齢, 着衣及び暑熱順化を考慮した予防指針-」 体力科学 2007年 56巻 4号 p.437-444, doi:10.7600/jspfsm.56.437
  2. ^ a b 岡崎和伸、「運動時の体液変化とその循環および体温調節への影響」 循環制御 2018年 39巻 2号 p.82-90, doi:10.11312/ccm.39.82
  3. ^ a b c 暑さに強い身体づくり!熱中症を予防する運動”. All About (2012年7月5日). 2012年8月9日閲覧。
  4. ^ a b 熱中症にかかりにくくなる「暑熱順化」”. 日経woman online (2011年7月7日). 2012年8月9日閲覧。
  5. ^ 信州大発”学び”のビッグバンプロジェクト e-Learning教材暑熱トレーニング12.順化方法の比較
  6. ^ 『熱中症にかかりにくくなる「暑熱順化」』p2
  7. ^ Comi-navi C76 p5 (PDF)コミックマーケットカタログ)
  8. ^ 信州大 暑熱トレーニング8.汗腺機能3
  9. ^ Michael J. Buono, Kimberly D. Ball, and Fred W. Kolkhorst., "Sodium ion concentration vs. sweat rate relationship in humans". Journal of Applied Physiology. Vol.103, No.3, 01 Sep 2007, doi:10.1152/japplphysiol.00015.2007
  10. ^ 信州大 暑熱トレーニング9.発汗反応


「暑熱馴化」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「暑熱順化」の関連用語

暑熱順化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



暑熱順化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの暑熱馴化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS