御佛前とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 御佛前の意味・解説 

ご‐ぶつぜん【御仏前】

仏前敬っていう語。

仏前お供えする意》香典供物の上書きにする語。一般忌み明け四十九日)の後に使いそれまでは「御霊前」を用いる。


ご‐ぶつぜん【御仏前】

〔名〕 (「ご」は接頭語

① 仏を敬って、その前をいう語。

浮世草子本朝桜陰比事(1689)一「楠木作り一間四面観音堂あって、〈略〉柴男休み所となって御仏前(ブツゼン)は木の葉埋もれはしける

亡くなった人やその位牌敬って、その前をいう語。供物香奠包紙の上書きにも用いる。

浄瑠璃近江源氏先陣館(1769)二「これはこれは政子様、御仏前へ御焼香相済みしが」


御仏前

読み方:ごぶつぜん

名詞仏前」に、接頭辞「御」がついたもの。
丁寧表現の辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

御佛前(ごぶつぜん)

仏様になった故人に捧げ供えるとの意味合いがあり、仏教法要時の際に喪家に対して贈る弔慰金表書き献辞上書き)に用いられます。仏教では忌明けまでを御霊考え忌明け後は仏様になるとの考えから忌明け後の法要用い られ、生前お世話になった故人への供養あわせて遺族葬儀法要掛かる費用一部負担しあうとの相互扶助意味合いあります
浄土真宗本願寺派大谷派など)に限り死者逝去後即ちに仏様になるとの考えから、通夜葬儀告別式にも用いられます。



御佛前と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「御佛前」の関連用語

御佛前のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



御佛前のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ササガワササガワ
All Right Reseved,Copyright© Sasagawa Co.,Ltd. 1996-2021
株式会社ササガワ(タカ印紙製品)ご贈答マナー

©2021 GRAS Group, Inc.RSS